日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

遺体 明日への十日間
イタイアスヘノトウカカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2013年02月23日 
製作会社
フジテレビジョン制作プロダクション FILM企画協力 新潮社) 
配給会社
ファントム・フィルム 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

東日本大震災で被災した岩手県釜石市の遺体安置所を取材した石井光太のルポルタージュ『遺体 震災、津波の果てに』を原作に「誰も守ってくれない」の君塚良一監督が映画化。出演は「釣りバカ日誌」シリーズの西田敏行、「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」の緒形直人、「北のカナリアたち」の勝地涼、「アウトレイジ」の國村隼、「最後の忠臣蔵」の佐藤浩市。

スタッフ

監督
君塚良一
脚本
君塚良一
原作
石井光太
エグゼクティブプロデューサー
種田義彦
製作
亀山千広
プロデューサー
高橋正秀古郡真也清野真紀前田久閑
協力プロデューサー
高井一郎河端由梨子
プロデューサー補
大坪加奈
撮影
栢野直樹
美術
山口修
音楽
村松崇継
エンディングテーマ
SHANTI
録音
柿澤潔高須賀健吾
音響効果
柴崎憲治
照明
磯野雅宏
編集
稲垣順之助
制作担当
橋本靖
監督補
田澤裕一
スクリプター/記録
中田秀子
SFX/VFX/特撮
山本雅之

ストーリー

2011年3月11日、日本観測史上最大の地震により発生した津波が岩手県釜石市を襲った。一夜明けても混乱状態が続く中、廃校となった旧釜石第二中学校の体育館が遺体安置所として使われることになるが、次から次へと運ばれてくる遺体に警察関係者や市の職員も戸惑いを隠せない。釜石市職員の松田信次(沢村一樹)は次第に言葉を失い、葬儀社に勤める土門健一(緒形直人)も経験したことがない犠牲者の数にただ立ち尽くすしかなかった。一方、医師の下泉道夫(佐藤浩市)や歯科医師の正木明(柳葉敏郎)、歯科助手の大下孝江(酒井若菜)らは、いつ終わるのかもわからない検案や検歯の作業に取り組んでいく。そんな中、地区の民生委員として働く相葉常夫(西田敏行)が遺体安置所を訪れる。定年前は、葬祭関連の仕事に就いていた相葉は遺体の扱いにも慣れ、遺族の気持ちや接し方も理解していた。混乱した安置所の様子に驚愕した相葉は安置所の世話役として働かせてもらえるよう旧知だった市長の山口武司(佐野史郎)に嘆願、ボランティアとして働くことになる。運び込まれてくる遺体ひとりひとりに生前と変わらぬような口調で優しく語りかけていく相葉。それまでは遺体を“死体”としてしか見られず、ただ遺体を眺めることしかできなかった釜石市職員・平賀大輔(筒井道隆)や及川裕太(勝地涼)たちも率先して動くようになっていく。照井優子(志田未来)も複雑な気持ちを乗り越え、安置所に祭壇をつくろうと提案、地元の住職・芝田慈人(國村隼)も駆けつけ供養をすることになった。震災から10日目。残された人々は今自分が出来ることをやり遂げ、一人でも多くの遺体を家族の元に帰すことだけを考えていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。