日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨
ベルセルクオウゴンジダイヘンスリーコウリン

作品名でWeb検索する

22年の長きにわたって連載され2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞した三浦健太郎の同名長編コミックを、「トップをねらえ!」の窪岡俊之監督が映画化。本作は中でも人気の高い“黄金時代”を3部作で描くシリーズの完結編。固い絆で結ばれていた剣士との決別の果てに絶望の底にいる傭兵集団の長と、その絶望に呼応し招かれる大いなる恐怖を描くダークファンタジー。声の出演は「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」など声優・俳優として活動する岩永洋昭、「虹色ほたる~永遠の夏休み~」の櫻井孝宏、「青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版」の梶裕貴ほか。アニメーション制作は「鉄コン筋クリート」などを手がけてきたSTUDIO4℃。明るさなどを調整していないR-18版は、新宿バルト9、梅田ブルク7、109シネマズ名古屋の3館でのみ上映された。

スタッフ

監督
窪岡俊之
世界観監修
岩尾賢一
アニメーションディレクター
岩瀧智
脚本
大河内一楼
原作
三浦建太郎
キャラクター・デザイン
恩田尚之
総作画監督
恩田尚之
美術監督
新林希文竹田悠介
美術設定
有田満弘
音楽
鷺巣詩郎
主題歌
平沢進
エンディングテーマ
川畑要
西洋剣術指導
ジェイ・ノイズ

出演者

ストーリー

かつて傭兵集団からミッドランド王国の正規軍に上り詰め、ミッドランド王国とチューダー帝国の間の百年戦争にひとつのくぎりをつけるのに貢献した鷹の団。首領グリフィス(声:櫻井孝宏)の夢に埋もれるわけにはいかないと剣士ガッツ(声:岩永洋昭)が鷹の団を去り、グリフィスが反逆罪でミッドランド王国に捕えられてから1年。グリフィスの救出の機を窺う鷹の団を、シラット(声:中村悠一)率いる暗殺集団バーキラカが襲撃し、女首領として団をまとめるキャスカ(声:行成とあ)が狙われる。あわやというそのとき、ガッツが現れシラットを撃退。自分が去った後の鷹の団がどうなったのか知らないガッツに、キャスカは彼の不在がどれだけ鷹の団に穴を開けたか、グリフィスにとって、彼がいかにかけがえのない存在であるか訴える。互いの思いを確かめ合い、身も心も結ばれる二人。王女シャルロット(声:豊崎愛生)の協力を得て、一行はウインダム城最古の建造物・再生の塔の最下層で幽閉されるグリフィスを見つける。しかしグリフィスは拷問の果てに両手足の腱を切られた上に舌を抜かれており、その痛々しい姿に一行は動揺を走らせる。ガッツとキャスカが同情の眼差しを向けるのを感じたグリフィスは、絶望に打ちひしがれる。そのとき、失われたはずの覇王の卵ベヘリットがグリフィスの手中に戻り彼の絶望に反応、216年に一度の“蝕”が始まる。太陽が消え異形が溢れだす中、ベヘリットの叫びが波動となり現れた禍々しき異空間に守護天使ゴッド・ハンドが降臨。全てを失い朽ち果てようとしているグリフィスを、ゴッド・ハンドは「我らが眷族」と認め、降魔の儀を進める。「捧げる」とのグリフィスの心の声が天に届くやいなや凶暴な悪魔が爆ぜ、おびただしい数の使徒が鷹の団の者たちを喰らい始める。こうしてグリフィスは5人目の守護天使として転生。あらゆる闇が光を凌駕する時代が始まった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。