日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母恋草
ハハコイグサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年06月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

製作は「三つの結婚」の久保光三で、竹田敏彦の原作より「感情旅行」の鈴木兵吾が脚色し、「男の哀愁」の岩間鶴夫が監督、同じく斎藤毅が撮影を受け持っている。主な配役は「無国籍者」の宮城千賀子、「初恋トンコ娘」の井川邦子、「獣の宿」の岸恵子、「男の哀愁」の徳大寺伸と高橋貞二など。

スタッフ

製作
久保光三
原作
竹田敏彦
脚本
鈴木兵吾
監督
岩間鶴夫
撮影
斎藤毅
美術
平高主計
音楽
加藤光男

ストーリー

西垣篤子は若い頃新進の舞踊家として期待されていたがふとしたことから画家西垣英太郎と駈け落ち結婚をして、芸界から身をひいた。そして祥子、美智子、英男の三児をもうけたが、西垣が放蕩にふけり家をかえり見なくなったので、篤子は女児二人を連れて家を出、再び舞踊界にかえり咲き、その才能を認められるようになった。祥子も母の教えを受けて舞踊家となり、美智子は水泳の選手としてヘルシンキ出場を目ざしていた。篤子には尾山という良き友である後援者があって、渋谷夫人はこの二人を結婚させるべく骨を折り、篤子の舞踊発表会後にでも挙式させたいという気持ちであった。その矢先、篤子はふとガード下で靴磨きをしている英男を見て、英太郎が病床にあることを知る。英男はまた死んだと聞かされた母の生きていた事情を知った。そして母恋しさ一途に母の家を訪ねるが勘ちがいした祥子に追いかえされた。篤子も英男に再会してから心が乱れたが、渋谷夫人によつてどんどん結婚話は運ばれ、その披露をかねたパーティが尾山邸で開かれた。その夜尾山邸の物置から怪火が発したが、放火をしたのが英男と知って篤子は罪を被って法廷に立った。しかし英男の自白によって真相は知られ、篤子と英太郎は尾山の心温かいすすめによって再び子供たちと共に新生活へスタートしたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。