日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伏 鉄砲娘の捕物帳
フセテッポウムスメノトリモノチョウ

作品名でWeb検索する

『南総里見八犬伝』を下敷きにした桜庭一樹の小説『伏 贋作・里見八犬伝』をアニメーション映画化。人と犬の血を引く“伏”と呼ばれる者たちと、彼らを追う少女の交流を描く。声の出演は「映画 けいおん!」の寿美菜子、「009 RE:CYBORG」の宮野真守。宮地昌幸監督(『亡念のザムド』)の劇場用映画デビュー作。

スタッフ

監督
宮地昌幸
脚本
大河内一楼
原作
桜庭一樹
美術監督
吉原俊一郎
美術設定
青木薫
音楽
大島ミチル
主題曲/主題歌
Chara
ビジュアルイメージ
okama
人物設計
橋本誠一

出演者

ストーリー

田舎の山で猟師として育てられた14歳の少女、浜路(声:寿美菜子)は、祖父の死をきっかけに山を下りる。彼女が兄の道節(声:小西克幸)を頼って向かったのは、水都・江戸。見るもの聞くもの初めてづくしのこの街で、彼女は奇妙な噂を耳にする。それは、人と犬の血を引き、人に化けて暮らし、人の生珠(=いきだま)を食らう“伏”と呼ばれる者たちの存在と、彼らが引き起こす凶悪事件のことだった。道節の家を探す浜路は、やがて犬の仮面をつけた白い髪の青年、信乃(声:宮野真守)と出会う。信乃の道案内で道節の家に辿り着く浜路。侍になるために江戸に出てきたものの、志半ばで夢破れて浪人生活を送っていた道節は、優れた猟銃の腕前を持つ浜路とともに“伏狩り”で出世しようと考える。“伏狩り”を通じて、浜路は瓦版売りの少女、冥土(声:宮本佳那子)と出会い、さらに深川一座の看板役者として舞台に立つ信乃とも次第に心を通わせてゆく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。