日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

マルドゥック・スクランブル 排気
マルドゥックスクランブルハイキ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
66分  

冲方丁原作による「マルドゥック・スクランブル」シリーズ完結編となる第3部。最先端の科学技術を駆使した身体を持ち、超人的な能力を身につけた少女が自分を死の淵に追いつめた陰謀と戦う。声の出演は「ポケットモンスター」シリーズの林原めぐみ、「映画 怪物くん」の八嶋智人、「虹色ほたる 永遠の夏休み」の中井和哉。

スタッフ

監督
工藤進
脚本
冲方丁
原作
冲方丁
キャラクター・デザイン
鈴木信吾中井準
メカ・銃器デザイン
大久保宏
総作画監督
鈴木信吾中井準
コンセプトデザイン
菊田幸一
撮影監督
福士享
美術監督
野村正信
音楽
コーニッシュ
主題曲/主題歌
林原めぐみ
音響監督
三間雅文
色彩設計/色指定
海鉾重信

出演者

ストーリー

賭博師シェル=セプティノス(声:中井和哉)の犯罪に巻き込まれた少女娼婦ルーン=バロット(声:林原めぐみ)と、委任事件担当官のネズミにして万能兵器のウフコック=ペンティーノ(声:八嶋智人)は、宿敵ディムズデイル=ボイルド(声:磯部勉)との激闘後に訪れた“楽園”にて、シェルの移し替えられた記憶は彼が経営するカジノの百万ドルチップの中に隠されていることを知る。バロットは、シェルの罪状を白日の下に晒すため、チップを手に入れることを決意、シェルの経営するカジノへと乗り込む。ウフコックとの見事な連携により、伝説の女性スピナー、ベル・ウィング(声:藤田淑子)との勝負を制するが、バロットの前に、最強のディーラーにしてハウスリーダーであるアシュレイ・ハーヴェスト(声:土師孝也)が立ち塞がる。最後に挑むゲームは“ブラックジャック”。バロットとアシュレイの命をかけた最終決戦が始まった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm 16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。