日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アシュラ(2012)
アシュラ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

有害図書として発禁問題を引き起こしたジョージ秋山の同名漫画を原作に、TVアニメ『TIGER&BUNNY』のさとうけいいち監督が劇場アニメ化。中世、農村の時代を舞台に、ケダモノとして生き抜く主人公アシュラの壮絶な運命を描く。声の出演は「ドラゴンボール」シリーズの野沢雅子、「火まつり」の北大路欣也、「ポケットモンスター」シリーズの林原めぐみ。

スタッフ

監督
さとうけいいち
脚本
高橋郁子
原作
ジョージ秋山
主題曲/主題歌
小南泰葉

出演者

ストーリー

15世紀中期。相次ぐ洪水、旱魃、飢饉で荒野と化した京都では、さらに追い打ちをかけるように日本史上最大の内戦・応仁の乱が始まり、その死者数・行方不明者はあまりに膨大で、歴史のページには刻むこともできなかった。そんな時代に産み落とされたアシュラ(声:野沢雅子)は、ケダモノとしてサバイバルを続けながら生き抜いていく。だがある日、若狭という少女と出会い、その優しさと愛、そして法師の教えに触れ、アシュラは次第に人間性を備えていく。言葉を覚え、笑い、喜ぶ日々。しかしそれは苦しみと悲しみの始まりでもあった。やがて天災が訪れ、人々は貧困に喘ぎ、世は地獄へ―。アシュラの目に映っていたのは、隣人を裏切り騙す、我欲に支配された人々の姿だった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。