日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天明太郎
テンメイタロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月27日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

原作は、石坂洋次郎、村松梢風、尾崎一雄、徳川夢聲、佐々木邦、宮内寒彌、坂口安吾の諸氏がリレー式に書いたNHKのラジオ小説を「自由学校(1951 渋谷実)」の斎藤良輔に中村定郎が協力してシナリオを書き、「乾杯!若旦那」の池田忠雄が監督に当たっている。出演者の主なるものは、「美しい暦(1951)」の佐野周二、「感情旅行」の月丘夢路、「男の哀愁」の幾野道子などに、飯田蝶子、河村黎吉、坂本武などのヴェテランがつき合っている。

スタッフ

製作
白井和夫
脚本
斎藤良輔中村定郎
監督
池田忠雄
撮影
厚田雄春
美術
平高主計
音楽
万城目正

ストーリー

大学の国文科を卒業した天明太郎は、生来の一本気から、最初に就職した静岡の女学校では、彼が緑川フミ子という女生徒をヒイキにしていると噂を立てられ憤然として辞職して東京へ帰って来た。次に「婦人評論社」へ勤めたが隣席のお染ちゃんこと染井京子に一方ならぬ好意を寄せられた。自由文化同盟の会長小笹五郎をインタビューに行き、看板と打って変わったその人格におどろき、ミス・銀座をインタビューに行き、それが緑川フミ子の転身であったことにまたおどろいた。そしてまた婦人評論社をやめた。第三の文化同盟も、小笹がフミ子へ野心を持っていることを知ってやめた。しかし伯父から天明家の財産がもうほとんどないことや母の苦労を知らされると、自分の短気を恥じて、フミ子の許をおとずれ、小笹へのとりなしをたのんだことから、フミ子の太郎への変わらぬ恋を知って、二人はめでたく結ばれることになった。そしてフミ子と手をたずさえて振り出しの静岡の学校へ教師として出発した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。