日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

初恋トンコ娘
ハツコイトンコムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月20日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

製作は「男の哀愁」の山口松三郎、雑誌『平凡』所載の鹿島孝二の原作から、「海を渡る千万長者」のコンビ、伏見晁が脚色し、齋藤寅次郎が監督したものである。出演者の主なものは「花のおもかげ」の山内明、「カルメン故郷に帰る」の井川邦子をはじめとして、河村黎吉、坂本武、村瀬幸子、高橋豊子などの脇役陣、それに柳家金語楼、三遊亭圓歌、昔々亭桃太郎、川田晴久、久保幸江、近江俊郎などの芸能人が加わっている。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
鹿島孝二
脚色
伏見晁
監督
斎藤寅次郎
撮影
西川亨
美術
熊谷正雄
音楽
万城目正
特別出演
近江俊郎

ストーリー

東洋電工に二十年も守衛をしている井上彦七は、社長川名公平の近頃機嫌のよくない訳は、息子房雄に見合い結婚を強いたため房雄が実母で婆やのお稲と家出してしまったことと見抜いた。彦七の姪佐喜子は、昼は会社に勤め夜はアルバイトに芸者をしていたが家出してから、昼は中学の教師、夜は流し歌手をしている房雄と知り合った。彦七はいずれ守衛長になる筈だったが、同じ守衛の横山利助はそれを横取りしようと人事課長鎌田と組んで、彦七の当直の夜泥棒の手引きをしたので彦七は責任上馘になりそうになるが、佐喜子の聞き込みで、ちょうど来合わせた房雄と共に泥棒を捕らえた。これによって、佐喜子と房雄は結ばれ、お稲と共に川名家へ帰ることになったが、ひとり彦七の守衛長就任はいつになることかわからないのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。