日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母千鳥
ハハチドリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月21日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

脚本・監督共に「母月夜」と同じメンバーで、出演者も、三益愛子、沢村晶子、白鳥みづえの同じトリオ。それに根上淳、河津清三郎、岡村文子、見明凡太朗、吉井莞象、小堀誠、平井岐代子などが助演している。大映得意の母ものである。

スタッフ

脚本
松田昌一
監督
佐伯幸三
撮影
秋野榮久
美術
高橋康一
音楽
渡辺浦人

ストーリー

長谷一郎に捨てられた比佐子は、彼との間に出来た娘百合をかかえて寄席の三味線ひきをしていた。寄席のポスター張りに出た百合が偶然父一郎に出会ったことから、比佐子の苦労を知った一郎は、すでに一人前になって父の事業を引きついで立派にやっていることではあり、母娘を引き取って水入らずで暮らす決心をした。母娘は寄席の人々に祝われて、一郎が迎えに来てくれるのを待ったが、その日一郎は交通事故で死んでしまったのだった。長谷家では一郎が死んで血統が絶えることから、百合だけを引き取ろうと申し出た。比佐子は最初は承知する気はなかったが、寄席で百合を育てることを考えて、その将来のために、彼女を長谷家へ引き渡した。それから十数年経った。百合は今では美しい年頃の娘に成長し、俊二という良い婚約者もあって幸福であった。しかし、百合の心には幼い時に別れた母の面影があって忘れられなかった。ある日俊二とボート遊びの帰路に寄ったそば屋で母に似た老婆を見た。みすぼらしいその老婆は百合の眼をさけて、いつの間にか姿を消してしまった。百合の母を求める心は日増しに強くなった。やがて父の命日の日に、多摩の父の墓を訪れた百合は、その墓前にぬかずく老婆の姿を見つけた。先日そび屋で見たろ乳母で、まぎれもなく百合の母の変わり果てた姿であった。ようやくにして相逢うことの出来た母と娘は、十数年間のへだても、すべてを忘れて、ただ涙のうちに相抱くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。