日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の哀愁
オトコノアイシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月13日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「ザクザク娘」の池田忠雄の脚色で、「愛情の旋風」の岩間鶴夫が監督に当たっている。出演者は、「嵐の姉妹」の高杉早苗、「怪塔伝」の鶴田浩二、「美しい暦(1951)」の高橋貞二、それに河村黎吉、幾野道子、徳大寺伸などが助演している。

スタッフ

製作
山口松三郎
脚本
池田忠雄
監督
岩間鶴夫
撮影
斎藤毅
美術
平高主計
音楽
加藤光男

ストーリー

小島と太田は城南大学の学生で親友である。一緒に木村善助の二階に下宿しているが、小島は金持ちのお坊ちゃんだが、太田は化粧品の外交販売のアルバイトをしている。そんなことから二人は新しく開店した化粧品屋リラの美しいマダムすみ子や女店員のゆり子と知り合った。小島はすみ子が未亡人で、自分と同じ絵の趣味を持っていることから、急に彼女とした親しみを深め、愛情さえ抱くようになった。中野というパトロンを持っているすみ子は、小島の純な愛情のためかえって自分のみにくい生活が反省されて来た。小島は中野とすみ子の関係を知って中野に会いに行き、そこの社員のために肩をくじかれ、陸上競技部の選手としての責任を果たせなくなった。木村の娘君子は小島を想っていたので、一人心を痛めていた。すみ子が中野との関係を清算しようと決心したとき、中野にはかえってすみ子に対する真実な愛情が湧き、アルバイト学生を絞りとる現在の事業をも清算して、すみ子と新しく正しい生活に再出発することになる。すみ子の幸福を願う小島や太田は、二人の出発を心から祝うのだった。肩の傷がいえて再び、グランドに現れた小島の練習振りを君子、太田、ゆり子の三人が心から応援するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。