日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

月が出た出た
ツキガデタデタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年03月04日 
製作会社
昭映新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

製作は「夜来香」の望月利雄、脚本は森岡良で、「黄金獣」の志村敏夫が監督に当たっている。撮影は「愛染香」の三村明。音楽は古賀政男の担当である。出演者は「消防決死隊」の小林桂樹、「鬼姫しぐれ」の花井蘭子、「真珠夫人 前篇」の星美千子、他に小堀誠、高杉妙子、市丸、赤坂子梅などが出演している。

スタッフ

製作
望月利雄
脚本
森岡良
監督
志村敏夫
撮影
三村明
美術
伊藤寿一
音楽
古賀政男

ストーリー

田島雄作は父伝造の強欲無比な会社の経営振りに愛想をつかし家を飛び出し、そのまま出征して戦死を伝えられた。死ぬ前の手紙に、出征の前夜自分を介抱して、かどでを送ってくれた芸者の親切が忘れられない、とあったので、伝造は秘かにその芸者を探していた。その女は春駒といって雄作との間に出来た子供雄一を残して三年前死んだが、小雪という妹芸者がその子を育てていた。しかも雄作は戦死せず、いまでは町を流すギター弾きになっていた。伝造は町の顔役益田を使って調べた結果女は死んでいたが、自分の孫が生まれていると知って、金ずくで小雪から雄一を取りあげようとして、はねつけられ、こんどは益田一味を使って腕ずくで取りあげようとしたが、雄作の応援で果たさなかった。孫可愛さのため段々人間らしくなった伝造は、自分のこれまでの冷酷さに気がつきはじめた。折も折、死んだと思った雄作が生きていて、自分でさえ愛想をつかして縁を切った者に、大切な雄一を渡されぬといわれ、はじめて雄作の前に前非を悔いるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。