日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春風無刀流
シュンプウムトウリュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年03月17日 
製作会社
東横京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「風にそよぐ葦 後編」に引き続いてマキノ光雄の製作、「女賊と判官」に次ぐ藤川研一の企画で、山手樹一郎の原作を、やはり「女賊と判官」の民門敏雄と村松道平とが共同で脚色、「乱れ星荒神山」の萩原遼が監督している。出演者は、「女賊と判官」の片岡千恵蔵に宮城千賀子、「愛情の旋風」の花柳小菊等。

スタッフ

製作
マキノ光雄
原作
山手樹一郎
企画
藤川研一
脚本
民門敏雄村松道平
監督
萩原遼
音楽
山田栄一
美術
塚本隆治

ストーリー

小田原の豪農の伜夢介は、千両だけの道楽修業をして来い、と江戸へやられる。道中女掏摸のお銀と知り合い、江戸へはいったとたんに無頼漢に乱暴をされそんなときは金を出して事なくすますに限るとお銀に教えられる。芝の米問屋伊勢屋で国元からの送金のうち百両受け取って帰路、同家の道楽息子総太郎にさそわれて、深川へくり込むが、総太郎始め一座の芸者たちに、田舎者だとばかり、さんざんなぶり者にされる。悪浪人の片棒かついで夢介相手に美人局を働こうとした芸者浜次はかえって夢介の無邪気さに惚れ込んで、急場を救ってくれた。掏摸のお銀をいさめていたところを見られて、役人市村の世話で、お銀の家に同居することになるが、お銀もいつの間に夢介の人柄に惚れ込んで、たずねて来た浜次とさや当てを演じる。チンピラ三太の掏った財布を女手妻師春駒に返しに行くと、夢介は彼女からも言い寄られる。総太郎の妹おかよが攫われたことから、一つ目屋敷に巣喰う大垣伝九郎の一味の無頼漢共が江戸を毒していることを知った夢介は単身一つ目屋敷へ乗り込み、持って生まれた怪力を初めて発揮する。日本晴れの街道を、千両の土産にしては出来すぎたお銀をつれて夢介は帰路につく。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。