日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

美しい暦(1951)
ウツクシイコヨミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年03月31日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

大町龍夫の製作で「山のかなたに」の石坂洋次郎の原作を、「三つの結婚」の柳井隆雄が脚本を書いて、「女の水鏡」の原研吉が監督に当たっている。出演者は「愛情の旋風」の佐野周二、「乾杯!若旦那」の津島恵子、「善魔」の桂木洋子、「三つの結婚」の高橋貞二、それに、若杉曜子が京都から応援出演している。

スタッフ

製作
大町龍夫
原作
石坂洋次郎
脚本
柳井隆雄
監督
原研吉
撮影
森田俊保
美術
浜田辰雄
音楽
加藤光男

ストーリー

山ふところにいだかれたある小さな町の話。女子新制高校に新しく赴任して来た武井先生は、明るい性格と、自由な授業ぶりで、生徒たちの中心となった。若い女教師村尾先生は、武井先生のあまりの開けっぱなしなやり方に不安を感じながらも、男らしい信念の強さに知らず知らずひきつけられた。女生徒矢島貞子は、村尾先生を尊敬していたが、山で知り合った男子高校生との交際を注意されてから、裏切られたように感じていた。その高校生は田村邦夫といって、学校の演劇部員だったので、やはり演劇部員の貞子を通じて、学校の記念祭の公演に女子高校生の参加出演を申し込んで来た。女子高校側では相当の反対があったが、武井先生の強い主張で参加に決定した。最も喜んだのは貞子と、田村に好意を寄せている女生徒吉村春枝だった。しかし、春枝は主役田村の相手役が貞子にきめられてから失望して、急に不良な学生に近づいて行った。しかし、武井先生はじめ、若い男女学生の真面目な協力によって、公演は大成功を納め、最初反対を称えた先生や人々の間にも、若い男女の正しい交友のあり方を理解させたようであった。そして、堕落一歩前にあった春枝も反省させ引きもどした。春が来て、田村や貞子たちが卒業する日がやって来た。武井先生も大学へ入学のため村尾先生はじめ町の若い人々に送られて町を去って行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。