日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

彼と彼女と名探偵
カレトカノジョトメイタンテイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年01月24日 
製作会社
東横京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

製作は「続不良少女」「俺は用心棒」の牧野満男、企画は「妻の部屋」の坪井与、村松道平の脚本で「なやましき五人男」につぐ小杉勇が監督する。撮影も「なやましき五人男」の伊佐山三郎が担当。出演は「暁の脱走」の伊豆肇「獄門島(1949)」の喜多川千鶴、「石中先生行状記(1950)」の藤原釜足、「妻の部屋」の龍崎一郎などである。

スタッフ

製作
牧野満男
企画
平井與
脚本
村松道平
監督
小杉勇
撮影
伊佐山三郎
照明
西川鶴三
録音
武山大藏
美術
堀保治
音楽
中澤壽一

ストーリー

大阪の闇成金、闇野氏は二号の春山百合子に逃げられ迷探偵花輪に捜索を依頼すると、彼は東京に滞在していると判断し、百合子の特徴である乳房のアザを手掛かりに東京へ--「てんやわんやホテル」に目星をつけて乗り込む花輪。このホテルの宿泊人は三文文士飯田、酒びたりの花小路、闇漁業会社の海野社長夫妻、声楽家の令人など、てんやわんやの人びと。花輪の話から、感のいい飯田は、声楽家を百合子とにらみ、近付いて、ロマンスを語る。この頃百万円賞金付きの強盗団がホテル付近に潜伏中というニュース。ホテルは大騒動。その夜、花輪は酔いどれ花小路に手こずったあげく百合子にぶつかり、ハッと感ずいた。尋ね人らしい。百合子は感ずかれたかと飯田の部屋に飛び込んで首ったまにかじりつく大芝居。やがて再び百合子の悲鳴、バスルームに猫がいたのだ。のぞく飯田や花輪、花輪は潜望鏡で、乳房のアザをさぐると、蛇だと思った百合子、再び飯田の部屋へ、かくして、二人は意気投合。花輪は大長息、翌朝上京して乗り込んだ闇野は百合子に出会ったが妻が一緒で、呼び止めるわけにもいかず、百合子は飯田と第二の人生へ--。花輪は気前のいい闇野夫人から十万貰ってさよなら。闇野だけがダアーッとなってしまう。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。