日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

一匹狼(1950)
イッピキオオカミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年02月05日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「歌の明星」につぐ根岸省三の企画、菊岡久利の原作『怖るべき子供たち』の映画化で、「石中先生行状記(1950)」につぐ八木隆一郎の脚色、監督は「母椿」の小石栄一、カメラは同じく「母椿」の姫田真佐久が担当。出演は、「人生選手」「銀座三四郎」の藤田進、「母椿」「暴力の街」の三條美紀の主演に、菅井一郎、片山明彦、羽鳥敏子等が共演しているほか石井美笑子がカムバックする。

スタッフ

企画
根岸省三
原作
菊岡久利
脚本
八木隆一郎
監督
小石栄一
撮影
姫田真佐久
美術
木村威夫
照明
泉正蔵
録音
長谷川光雄
音楽
利根一郎

ストーリー

腕力が強くて、弱気を助け、強気を挫き街の女たちからも敬愛されている男、山鹿英樹は銀座で古本屋を営んでいた。一匹狼という異名をもった英樹は浮浪児たちをとくに愛情をもって面倒を見ていたが、ある朝のこと、ボストンバックを一つさげてぼんやりたたずんでいた田舎娘の小野キムを救って、顔なじみの洋裁店のマダム勝子にたのんで雇ってもらうことにした。ある日のこと、警視庁に働くかつての戦友小野にめぐり合い、英樹は子供好きな点ですっかり共鳴し、飲み歩いたが、その留守に、ひそかに英樹に思いを寄せるキムが古本屋に訪ね、留守番の子供に、英樹に春江という許婚があると聞き、キムは放心したようにクラブ・アンカーにウサばらしをしにいった。そのクラブは英樹の父、山鹿英助が経営する一方、高利貸しで暴利をむさぼっている店だった。たまたま飲み歩いて英樹もクラブに来て、酔っているキムにバッタリ合ってしまう。英樹はキムに青春を大切にしろとさとした。二人の心は、その時初めて歩みよったのだ。しかし喜んだのもツカの間キムが洋裁店に帰ってみると、店は空き巣に荒らされ留守をしたキムの責任ではあったが、莫大な損害は、キムにはとても払いきれなかった。マダム勝子は、雇い入れる時、英樹が全責任を持つという約束だからと、損害の三十万円を取り立てる。キムには以前にも留守をして洋裁店を荒らされた経歴があるというのでまるで罪人扱いをされてしまった。キムは思い余って自分の貞操を売って英樹を救う決心をしたが一喝される。キムの純情さに心ひかれた英樹は、傷心のキムに結婚を申し込んだ。その事件を聞き込んだ父の英助は、後妻の連れっ子の春江を二百万円の持参金つきで英樹に押し付けようと計ったが、英樹にも、当の春江からも拒絶されてしまった。英助はこんどは、待合いに英樹の父としてキムをおびき寄せキムの借財返済金と、キムの身体との交換を申し出た。それは英樹とキムとの離間策だった。その企みをキムに烈しく面罵され、英助は生まれて初めて父としての愛情に目覚めることが出来た。キムが席を立ってから、英助は父親らしく無条件で英樹あてに小切手を書いて使いにもたせた。その帰途待ち伏せた顔役の戸田に襲われ、あわやという瞬間、サブと共に駆けつけた英樹が身代わりとなって倒れた。急を知って駆けつけた小野に戸田は逮捕されたが、その時サブは戸田の子分の為にすでに殺されていた。サブを殺したのはお前の暴力だ!と小野は叫んだ。暴力を賛美していた己の行為を恥じた英樹は傷もいえたある日、高原から、少年収容所で働くようになった春江に便りを出した。東京はサブのことが思い出されて傷ましすぎる。そしてキムが近くお母さんになり僕は親父になるというのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。