日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

月の出船
ツキノデフネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年02月12日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

企画と脚本を浅井昭三郎が担当し、監督は「わたしの名は情婦」「エノケン・笠置の極楽夫婦」の森一生が当たり、撮影は「大江戸七変化」の牧田行正。出演者は流行歌手であり、「盤獄江戸へ行く」に出演した田端義夫、浪曲師の広沢虎造、「女殺し油地獄(1949)」の日高澄子をはじめ、「あきれた娘たち」の久我美子らが出演する。

スタッフ

監督
森一生
企画
浅井昭三郎
脚本
浅井昭三郎
撮影
牧田行正
録音
大角正夫
美術
中村能久
照明
岡本健一
音楽
長津義司

ストーリー

ある港町の夜、復員帰りの畑義夫はリュックサックを盗まれたが、飲み屋“ひさご”の新造に救われ、船員の職まで世話してもらった。ある日義夫は街で偶然馴染みの眞理子に逢い、亡き友人の妹美知子の消息を知ることが出来、早速訪ねて友人の最後の模様を伝えた。義夫と美知子はめぐり合い以来純情な愛情に結ばれたが、眞理子は金持ち娘のわがままから、生来美声の義夫を人気歌手に仕立てようとした。一方美知子の父卯平は、娘の結婚を焦った揚げ句、悪ブローカーにだまされ十万円の公金を費消してしまった。この事を知った卯平の会社の社長熊谷は、かねて美知子に野心を抱いていたので、美知子に結婚を迫ってきた。卯平は事の次第を飲み屋の新造に打ち明けると、彼は過去に浪曲界に活躍したのを幸い、再び演壇に立つことになった。その時は義夫は美知子と誤解を生じて艶歌師となっていた。ある日新造は義夫にあい、詳細を知って駆けつけたが、美知子は過労のため病床にあった。義夫は療養費を得るため、北海道行きの船に乗り、前借りを彼女にあてたが、運悪く船は暴風雨のため難破し、彼は両目を負傷してしまった。その時地方巡業で虎造(新造)が訪ねてきて義夫の作曲した歌の優秀なのを知り、レコード会社に推薦し、新人歌手としてデビューさせることにした。病床にあった美知子は、声かぎり義夫の名を呼びつつ劇場にかけつけ、義夫と美知子は相擁して嬉し泣きに泣いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。