日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
エイガクレヨンシンチャンアラシヲヨブオラトチュウノプリンセス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2012年04月14日 
製作会社
シンエイ動画=ADK=テレビ朝日=双葉社 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

「映画 クレヨンしんちゃん」シリーズ20周年記念作品。主人公しんのすけがシリーズ史上初めて宇宙に飛び出して活躍する。監督は前作「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦」に続き増井壮一が担当。声の出演は「いばらの王 king of Thorn」の矢島晶子、「キズナ一撃」の藤原啓治。

スタッフ

監督
増井壮一
脚本
こぐれ京
原作
臼井儀人
主題歌
渡り廊下走り隊7

出演者

ストーリー

ある日、プリンのことで喧嘩したしんのすけ(声:矢島晶子)と妹のひまわり(声:こおろぎさとみ)。そこに「ひまわり姫をお預かりします」という謎の男二人が現れた。ほいほい喜んで渡された紙にサインをしてしまうしんのすけだったが、次の瞬間、上空に現れたUFOに野原一家は吸い込まれてしまう。到着したのは“ヒマワリ星”という見知らぬ星。星の王ゴロネスキーは「ひまわり様が姫にならなければ地球もヒマワリ星も消滅する!」と叫び、急激な展開に茫然とするひろし(声:藤原啓治)とみさえ(声:ならはしみき)。しかし、しんのすけがサインしたのは全て了解するという「宇宙契約書」であった。ひまわりが姫になるということは家族が離ればなれになるということ……。妹を選ぶのか、地球の未来を選ぶのか、果たしてしんのすけの選択は……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーデジタルサラウンドEX

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。