日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言
オニニキケミヤダイクニシオカツネカズノユイゴン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2012年02月04日 
製作会社
「鬼に訊け」製作委員会 
配給会社
太秦 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

法隆寺の昭和大修理、薬師寺の伽藍復興に一生を捧げ、ガンに冒されながらも若い大工に仕事のあり方を伝えようとした“最後の宮大工”西岡常一の姿を捉えたドキュメンタリー。彼の仕事に対する考え方や思想を追求することで、日本人が忘れてしまった日本文化と日本人の心の復興を願う。監督は「アイヌ・シタッピリ」の山崎佑次。ナレーションを「探偵はbarにいる」の石橋蓮司、音楽を「ごろつき2」の佐原一哉が担当する。明治41年奈良県に生まれた西岡常一は、法輪寺三重塔、薬師寺金堂・西塔の再建を棟梁として手がけ、飛鳥時代から受け継がれていた寺院建築の技術を後世に伝えた“最後の宮大工”だ。1990年5月、薬師寺回廊第一期工事。西岡は最晩年にあたるこの時期、癌に冒されながら最後の教えを若者達へ授けていた。「千年の檜には千年のいのちがある」「木は鉄より強し」はやさと量だけを競う、模倣だけの技術とは根本的に異なる日本人のいにしえの叡智、そして明快な指針。千年先へいのちを繋いでゆくという途方もない時間の流れが、所縁ある人々へのインタビューから浮かび上がってゆく……。

スタッフ

監督
山崎佑次
企画
小林三四郎
プロデューサー
植草信和朴炳陽
撮影
多田修平
音楽
佐原一哉
録音
平口聡
編集
今岡裕之
ナレーション
石橋蓮司

ストーリー

※ドキュメンタリーの為、ストーリーを割愛します。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 35mm
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。