日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春賭博
セイシュントバク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年02月19日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

「汚れた花園」「色ざんげ(1948)」の中野泰介の企画。「Zの戦慄」「初夜ふたたび」の柳川寛一のオリジナル物を、市川哲夫、芦原正を同期生にもつ田坂具隆の助監督であった隅田朝二の第一回演出である。カメラは滝花吟一久方ぶりの担当。出演者は「情熱の人魚」「明日は日本晴れ」の水島道太郎「結婚狂時代」の霧立のぼる「オオ!!市民諸君」の朝霧鏡子「男が血を見た時(1949)」の見明凡太朗「初夜ふたたび」の杉狂児、佐伯秀男「三面鏡の恐怖」の瀧花久子等で拳闘界の人気者堀口兄弟が特別出演する。

スタッフ

製作
中野泰介
脚本
柳川真一
監督
隅田朝二
撮影
滝花吟一
照明
田中惣次
録音
石原貞光
音楽
伊藤宣二
美術
本木勇

ストーリー

プロ拳闘のマネジャー乾武吉は大学の拳闘選手木塚滉の鋭いパンチに目をつけ滉をプロ選手に仕立てて甘いしるを吸おうと考えていた。滉は故木塚教授の一人息子で家には母の岸子と戦災で両親を失い木塚家に寄寓している清原翠がいた。どこの家庭も金が仇の世の中である。「勝てば千円」乾の言葉は滉の頭から消えない。滉はその夜のプロ試合に現れてあっさり相手を倒した。滉には自信がついた。そうだおれは拳闘界の王者になってやる。それは青年らしい血気であった。そして一試合毎に滉の名声は上って行ったが、母は彼の成功を喜ばなかった。滉は彼に想いを寄せる翠をも振り切って家を出た。滉は地方巡業中に乾の秘書恵子に心をひかれ恵子も又滉に好意を寄せていた。ただ面白くないのは乾で恵子の心が自分から離れて行く事を感じ嫉妬した。帰郷後の滉はミドル級の選手権保持者佐久次郎に挑戦しようとする。滉の敗戦を予想した乾は恵子と滉の仲を割かせる為に挑戦を計画した。いよいよ試合当日。佐久の物すごいパンチに滉の苦戦は免れなかった。しかし滉には王者たらんとする心条が残されていた。滉の反撃すごく遂に佐久を倒してしまったが、佐久はそのまま帰らぬ人となった。勝利の日は人殺しの日であった。滉の心は重い。恵子は「あんたは学校へもどるのよ。そしてあんたを待っている人もいる」という。滉には温かい家庭と翠の笑顔が想い出された。そして清い思い出を胸に秘めた恵子は静かに立ち去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。