日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

今宵別れて
コヨイワカレテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年12月22日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

製作の絲屋寿雄、脚本の柳井隆雄、監督の高木孝一、キャメラの竹野治夫はすべて「母呼ぶ鳥」と同じスタッフである。主演は「痴人の愛(1949)」「破れ太鼓」の宇野重吉「七彩の虹」の山内明、「青い山脈(1949)」の飯野公子(松竹第一回出演)、「生さぬ仲」の浜田百合子でこれに「破れ太鼓」の永田光男、青山宏、「晩春」の月丘夢路、「無頼漢長兵衞」の清水将夫らが出演する。

スタッフ

製作
絲屋寿雄
脚本
柳井隆雄
監督
高木孝一
撮影
竹野治夫
照明
田中憲次
録音
森沢伍一
美術
水谷浩
音楽
大沢寿人

出演者

ストーリー

騎手信太郎は淀の競馬に出場のため北海道から遠征した。一つには幼いとき不幸な別れ方をした弟二郎が淀の厩舎にいるといううわさを耳にしたからでもあった。二郎は淀の厩舎で新進騎手として母ゆきと暮していた。二郎は幼いときゆき夫婦に拾われ、騎手であった夫の死後ゆきは女手一つで二郎を育て、二郎はこれを知らず母子は真の親子のように暮らしていた。同じ厩舎の調教師良作の娘千代は可れんな娘で、二郎と千代は愛しあっていた。いよいよ競馬は近ずいた。淀ホテルには見知らぬ美しい女が人目をひいた。彼女二葉はパトロン安井に裏切られ、安井は今度の競馬に持馬を新しい情婦の名をつけて出場させた。しっとに燃えた二葉は安井の馬を敗北させて腹いせをしたく、その騎手二郎に近ずいて彼をろうらくしようとした。美しい中年女の魅力と手練にいつか二郎は夢中になった。これを知ったゆきと千代は心配したが、二郎の心は放馬の如く二葉にかたむいた。競馬場に来た信太郎は二郎が弟であることがハッキリするとともに、一切の事情を知り、二郎たちを不幸にする二葉を憎み、彼自身二葉に接近して二郎を救おうと思う。二葉も信太郎に興味をもった。そして信太郎の計画は成功するかに見えたが、二郎は恋がたき信太郎の出現で、心すさんだ。ある夜、信太郎と助手との話から、信太郎の真意をぬすみ聞いた二葉は、己のみにくさに悔いた。レースの前夜、二郎は二葉に、敗ければおれのものになるかと迫ったが、今や二葉は、敗けてくれなくてもいいという、二郎は裏切られたと思い、その夜酒場でヤケ酒をあおる。信太郎は酒場に現れ、二郎に、明日のレースに自信がないのでヤケになってるんだろう、とバ倒した。二郎は憤然とした、信太郎はひそかに喜こんだ。やがて翌日、レースははじまったが、二郎は二葉への怒りと信太郎への敵慨心で燃え、ついに二郎が優勝した。千代もゆきも、そして信太郎もよろこんだ。レースは終った。だが信太郎は二郎に兄だと名乗らなかった。そのころ二葉は二郎たちの厩舎を訪ね、信太郎が兄であったこととすべてのいきさつを話した。ゆきも始めて二郎に過去を語った。二郎の驚ろき、そして信太郎の愛情が胸をうった。二葉は二郎にわびて千代との幸福を祈った。--放心した二葉の部屋を訪れたのは信太郎だった。互の目は、すべてを許して近づいていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。