日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母燈台
ハハトウダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年11月05日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

企画は「毒薔薇」「涙の港」につぐ中代富士男。脚本は「満月(1949)」の八木沢武孝。「花の日月」の久松静児がメガフォンをとり同じく「花の日月」の高橋通夫が撮影している。出演は「流れる星は生きている」の三益愛子、三条美紀、羽鳥敏子らほか「涙の港」の伊沢一郎、植村謙二郎、船越英二、見明凡太郎らが共演する。

スタッフ

企画
中代富士男
脚本
八木沢武孝
監督
久松静児
撮影
高橋通夫
照明
伊藤幸夫
美術
仲美喜雄
録音
橋本国雄

ストーリー

勝気で派手好みの娘美知子は不良の邦子に誘われて、怪しげなキャバレーで南部という似而非紳士に紹介されたが警察の手入れで運悪く美知子だけが連行された。翌朝身柄引取りに呼び出された母千代はそこで実子萩原検事に再会した。千代の結婚を許さぬ両親のために生れた隆は旅館業を営む人の好い清さんにもらわれていった。その後大連に移ってからは消息は絶たれていたが、千代はその後生れた娘由岐子と美知子の二人を残したまま夫に先だたれたのである。清さん夫婦の愛情につつまれて育てられた隆に今更親だと名のれるわけもなかった。二十数年が過ぎて内職仕事で母娘三人ささやかな生活を営んでいた。二階に間借りしている上田巡査は殊に若い二人の娘にとっては気にかかる存在だったが美知子は性質上非常に積極的なのに反して由岐子は消極的だった。その内美知子は南部に再会、誘惑に負けて家出をして行方はようとして知れなかった。千代は悲嘆にくれたが由岐子と上田の結婚が成立して喜んだのも束の間、新婚旅行先で列車事故にあい由岐子は即死、上田は重傷を負ってしまった。孤独の千代はかつては美知子の勤務先へ掃除婦として住み込むようになった。ふとしたことから千代は美知子が流産の床で親不孝を嘆いていることを知って、雪深い北の町へ迎えにいったが、折からの火災で千代は美知子を助け出すことは出来たが、火えんに両眼をあおられて失明してしまったのである。やがて東京に帰ってきた哀れな母娘の前にまた憎むべき南部が出現したのである。萩原検事が千代の息子であることをかぎつけて、証拠品を持ち出して身の保全を計ろうというのだった。南部と争う内に千代は誤って凶器で殺してしまった。その法の裁きで、それとは知らぬ萩原検事の態度は冷厳そのものだった、上田の証言で一切は明るみに出されたが、千代はそれを否定してこん倒した。すべてを知った萩原検事が晴れて実母の病床を見舞った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。