日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鐘の鳴る丘 クロの卷
カネノナルオカクロノマキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年11月23日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

隆太の巻、修吉の巻に続く第三篇で同じく菊田一夫原作連続放送劇によるもので、製作の山口松三郎も、脚本の斎藤良輔も、監督の佐々木啓祐も第一篇、第二篇と同じスタッフで、佐々木啓祐は「海の野獣」につぐ監督である。キャメラは鶴見正二の担当。出演は「四谷怪談(1949)」「花の素顔」の佐田啓二、「殺人鬼」の井上正夫「愛染草」の英百合子、それに高杉妙子、ならびに創作座の子供たちとみな第一篇第二篇に出演したものである。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
菊田一夫
脚本
斎藤良輔中村長郎
監督
佐々木啓祐
撮影
鶴見正二
照明
磯野春雄
録音
小尾幸魚
美術
森幹男
音楽
古関裕而

ストーリー

復員してすぐ行方不明の弟修吉をたずねるため上京した修平は、不幸な子供たちを明るく導こうと思い探しあてた修吉や、隆太、俊次らと秦野町長やその娘由利枝の援助を得て信州の緑の丘の上に少年の家をたてて暮した。ある日クロという少年が入ってきて隆太を「お母ちゃんがよんでる」とそそのかし、隆太が出ていくと知らない男に捕えられてレビュー団に誘かいされた。そこには本当の母親がいたが今は母親は冷く隆太はさびしく旅回りを続ける。一方クロも逃亡して元のレビュー団へいったが一座は去ったあとで再び浮浪児となり病気で苦悶する。そこでまた修平に救われ、クロは暖い修平の心を知って素直な子になり、新しい先生美也子のよき助手となった。そのころ大阪から少年の家へ浮浪児の一隊が来る。とき子はその首領株だった。そのころ東京のならず者山田一家は親分の投獄されたのは修平の策動と誤解し信州の兄弟分に修平の仕事を妨害するよう依頼し土地の暴力団は後援者秦野町長を強迫し、少年の家は経営難に陥る。少年達は音楽会を開いて資金を得ようとする。だが音楽会は暴力団の妨害にあい大混乱となった。しかしその音楽会のおかげで少年留男は暴力団と立派な応待をし、参議院桜井氏に認められ養子になったし、とき子は母親とあえた。とき子が家庭へ帰ったあと仲良しだったよし坊がまたぐれ出したが、長坂先生の指導でよい子になる。そのころまた大阪から一群の子供がやってきたが、少年の家の満員なのに失望して少年たちは山へ入る。クロは帰れ帰れと少年たちを追って格闘し病気のため倒れる。少年たちはその夜野犬におそわれ救援にかけつけた修平たちに救われて少年の家へ引揚げた。旅回りの隆太からある日手紙が来た。青森からだった。クロは今こそ隆太をそそのかしたのは自分だったと許しを乞い、修平に隆太を呼び返してくれとたのむ。修平は急いで青森へ向ったがすでにそのときは隆太を乗せた連絡船は無心の汽笛を残して港を離れていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。