日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋狼火
コイロウカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年08月02日 
製作会社
新演伎座プロ 
配給会社
新演伎座 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「小判鮫・前篇」「小判鮫・後篇」につぐ新演伎座プロダクション第二回作品である。製作は田口功夫が担当し「命ある限り」以来の楠田清が、成澤昌茂と協同で脚本を書き、洲田競(楠田清の改名)が監督する。キャメラは「命ある限り」の仲沢博治が担当する。主演は「小判鮫・前篇」「小判鮫・後篇」につぐ山田五十鈴「戦争と平和」や「青い山脈(1949)」の伊豆肇で、それに「母紅梅」の岡譲二「わが恋は燃えぬ」の小堀誠「地獄の貴婦人」の河野秋武、その他キングレコードの三門博らが出演する。

スタッフ

製作
田口功夫
脚本
楠田清成澤昌茂
演出
洲多競
撮影
仲沢博治
照明
平田光治
録音
丸山国衛
美術
平川透徹
音楽
伊福部昭

ストーリー

兼六公園の初咲きの梅を散らして、折からかかる浪曲師東千吉の小屋へ島田の根もがっくりくずして、かけ込んだ女が千吉の前に百円の金を投げ出して顔をあげた「このお金を送って……あて先は東京神田、村越欣彌」「どうしなすった」と抱きあげた女の手が、真赤な血のりに染まっていた。--三年前の旅興業で、月の卯辰橋に涼んだよい、白糸は欣彌とめぐりあった。男ぎらい、芸ごと以外はよそごとと、清い体をそのままに、滝の白糸と名をうった水芸の太夫でも、一度ともした火は消えようとはしなかった。時の移ろいに、水芸の小屋にも秋風がたちそめて一座をかかえる白糸は経済的に苦しかった。その苦しさの中で、白糸は欣彌の出世を夢み血の出るような学資を送りつづけた。たまたまめぐり合った酒の席で、出世した欣彌の恩師黒川に、身分の違いをきびしくたしなめられても女心の一途な思いはたえなかった。しがない旅の芸人でも、女心に変りはないと、酒をあおる白糸に、好意は身にしみて有難い、酒は飲むな体を大事に、といいのこして欣彌は勉学の途を心にむちうちつつ去っていった。--二人に苦しい年が明け暮れて、欣彌が検事補として晴れてひとり立ちする日がきた。金が欲しい。欣彌を愛するが故に、金を求めた白糸は、あやまって興業師桐田用作を殺めた。そして殺人の罪をとわれた法廷で、欣彌と相まみえようとは……。貴方のために金が欲しかったとは、白糸にはいえなかった。罪をきたまま白糸は欣彌の名を命かけても護りぬこうと心にきめた。恋に殉じる女心一途のはげしい愛情の前に、欣彌は法服をなげうった。地位も、肩書きもすべてをかなぐりすてて、検事となる前に、まず人の愛情をうけいれることの出来る人間でありたい、と叫ぶ欣彌の目に涙があった。二人の人間をむすびつけて貫く恋ののろしの前にすべてが淡く消え果てて、あとには互の真実の恋が燃えつづけるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。