日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

音楽二十の扉
オンガクニジュウノトビラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年08月30日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映・東京 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
59分  

「びっくりしゃっくり時代」の監督島耕二が構成し「女囚36号」の笠原良三が脚本を書き「東京の夜」の新人水野治が第二回作品として監督する。「ぜったい愛して」の日高澄子が東京に初出演して、小林桂樹と組み、ジャズ落語の人気者三遊亭歌笑、素人のど自慢のピカ一床屋の英ちゃんが映画に初出演し、再起の川田義雄の大映初出演も見られる。撮影期間一週間という戦後初の早取り映画として、劇中歌や音楽のカットは古ものの中から随時再編集される。

スタッフ

原案
根岸省三
構成
島耕二
脚本
笠原良三
監督
水野治
撮影
峰重義
照明
下村一夫
録音
橋本国雄
音楽
服部良一
美術
今井高一

ストーリー

「それは鉱物です」「主に金属ですか?」「加工品ですか?」「装身具ですか?」「手のひらにのりますか?」「もらってうれしいものですか?」(陰の声)「それはエンゲージリングです。」新平とすみちゃんは相愛の中である。今日もここ極楽座の楽屋では新平、すみちゃん、楽屋番のおじさん、踊り子のレイちゃん以下総出演で出番を待つひととき和気アイアイ二十のとびらに打ち興じている。今日はとくに音楽映画に関係ある出題というわけでたのしくもまたなつかしい思い出の名曲、最近流行の新曲がわき出ずる。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。