日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青蛾
セイガ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年10月19日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

製作は「懐しのブルース」「風の中の牝鶏」の久保光三、脚本は「懐しのブルース」「抱擁(1948)」の鈴木兵吾、監督は「懐しのブルース」の佐々木康、「誘惑(1948)」「駒鳥夫人」の佐分利信、「懐しのブルース」「天の夕顔」の高峰三枝子、「抱擁(1948)」「追跡者」の徳大寺伸、「かりそめの恋」「手をつなぐ子等(1948)」の笠智衆が顔をそろえた。

スタッフ

製作
久保光三
脚本
鈴木兵吾
監督
佐々木康

ストーリー

森の中に瀟洒な別荘が立っている、朝霧がかけて……。笠井と妻の多岐子が都会をさけてこの別荘に現れた。仕事の忙しい笠井が妻を伴ってこんな処にゆっくりと保養に来るのはひどく珍しい事だった。一週間ばかり滞在しようかと笠井がいい出したのも何時もの笠井を知っている多岐子には、全く驚くべきことだったのである。どうした風の吹き回しであろう。素直に受取り兼ねる事であった。笠井に何か企みという程でなくても含みがあるのじゃないかと多岐子は想像した。というのは実をいうと多岐子の過去に影があったのだ、作家の木島の姿である。木島は多岐子を熱愛していたし、多岐子も木島が好きであった、笠井という男が現れなかったら、彼女は木島と結婚していたろう。しかも笠井と一緒になってからも彼女は度々木島と会ったり、パーティーに招いてダンスをしたりしている、その上に、木島との間にあらぬうわささえ立っている。笠井がそのうわさを知っているとすれば決して愉快には思わぬだろう、そういえば急に別荘行を思い立ったのもおかしいし、何となく夫の素振りに解せぬものがある、猟銃を磨く笠井の眼に異様な光がただよっている。多岐子は自分の寝室に一人入って考え込む、突然木島が訪ねて来る、笠井と木島は外面さり気なく振舞うが内に鋭く対立する、どちらからともなく猟を競うかという事になる。森にこだまする不気味な銃声、多岐子は森の中をうろうろと混乱して走り回る。いけない、どちらかが殺される。殺意の明らかに出た笠井の瞳、自分も殺されるのではないか。多岐子は悲鳴を挙げて部屋に帰る、白い小ねこに牛乳をやる。小ねこは狂って死ぬ、牛乳に毒薬が--。明らかに自分を殺そうとしている笠井の恐ろしい計画なのだ。アッと驚く多岐子。しかしこれは夢であった、さめた時木島が訪れて来る、笠井がこれは招いたのであった。総ての誤解をとく為に。そして総てが判った。笠井の多岐子に対する愛の深さも、木島の気持ちも……。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。