日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Zの戦慄
ゼットノセンリツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年05月25日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「木曽の天狗」につぐ奥田久司の企画、脚本は「裁かれる愛情」「夜の門」の柳川真一、監督は「博多どんたく」「悪魔の乾杯」の丸根賛太郎、撮影は「素浪人罷通る」「生活の樹」の川崎新太郎。主要な役は「宵祭八百八町」の市川右太衛門、「かりそめの恋」の月丘夢路「山猫令嬢」の高田稔、「月の出の決闘(1947)」「夜の門」の羅門光三郎、「蝶々失踪事件」「オリオン星座」「時の貞操」の見明凡太朗らである。

スタッフ

企画
奥田久司
脚本
柳川真一
監督
丸根賛太郎
撮影
川崎新太郎
美術
川村鬼世志
録音
奥村雅弘
音楽
深井史郎

ストーリー

神戸水上警察署の監視艇二隻、夜目にも白く波を蹴立てて突き進む。それぞれの舳に突っ立ち闇を見透かそうと眼をむいているのは井川、加藤の両担当刑事、沖に怪しげな機帆船が浮かんでいる。これこそ今厳重な監視の裏をかいて神出鬼没の密輸団赤いZ!の乗船である。甲板の上で突然拳銃の音。ウ!と唸って船艙に転がり落ちた男、Zの一人辰吉、撃ったのは烏山。Zの内部でもめごとが起きている。首領の津島派と副頭目烏山の一派が分裂した。この時監視艇のサーチライトがパッと機帆船を照らした。逃げろ!傍らにもやっていたランチが素早く闇の中に姿をくらます。翌朝酒場にブラリと姿を現した二人、津島と腹心の禿六、酒場のマダム三千代は津島に首ッたけ、津島の顔を見て気の好さそうな笑いをした先客がいた。三千代には打込んで通いつめている伴さんである。三千代は近頃心配している、津島という男が判らないのだ。津島も近頃浮かない、妹の事を思っているのだ。戦争に行く前別れたっきり、両方で消息がわからない、ところが実をいうと津島の妹早苗は夫人警察官となって井川刑事と共に赤いZの逮捕に活躍しているのだ、酒場の女に扮した早苗と津島は偶然出会う、驚愕と悲嘆に暮れる二人、津島は覚悟を決めた、麻薬を取扱おうとする烏山一派をやっつけて自分は縛につこう、早苗は職務があった。Zを捕縛せねばならぬ。Zの最後が来た。井川と早苗の前に津島は身を投げ出した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。