日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年07月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

駒鳥夫人
コマドリフジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年07月08日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「情炎(1947)」「二連銃の鬼」「旅裝」の細谷辰雄の製作「リラの花忘れじ」の菊田一夫の原作を「長崎物語」「かりそめの恋」の長瀬喜伴が脚色した。監督は「恥かしい頃」「シミキンの結婚選手」の野村浩将、撮影は「シミキンの結婚選手」の西川亨、音楽は「弥次喜多凸凹道中」の万城目正、出演者は「誘惑(1948)」の佐分利信、「情炎(1947)」「女」の水戸光子「偉大なるX」の宇佐美淳らである。

スタッフ

製作
細谷辰雄
原作
菊田一夫
脚色
長瀬喜伴
監督
野村浩将
撮影
西川亨
美術
浜田辰雄
音楽
万城目正

ストーリー

画家後宮信太郎と雑誌記者藤本春樹は二人共及川美也子を愛していた。そして信太郎の妹槙子は藤本に思いを寄せている。信太郎は美也子をモデルにして絵を描き出したが、ある日遂に胸を打明けた。美也子も信太郎が好きであった。激情にかられた信太郎の強い言葉に美也子はわずかにうなずいた。ちょうどその場に来合せた藤本は失望して帰る。二人の幸福をかき乱したくないなら、そして槙子を不幸に陥れまいとすれば、藤本としては矢張り槙子のひかえ目な愛を受入れるべきだろう。それで皆が幸せになるわけであった。美也子と信太郎は全く偶然の機会に、深く知り合った。藤本は槙子と結婚した。ところが日ならず、信太郎に従軍命令が下った。美也子も槙子も必死になって引止めたが、信太郎は出て征った。藤本は美也子に、信太郎は必ず帰って来る、それまで一年でも二年でも待たねばならぬと励ます。丁度そのころ、雑誌に書いた藤本の論文が特高の目にひっかかり警察に引かれていった。美也子は既にみごもっていた。当時美也子は両親を失っていて、美也子の親代りをつとめていた叔父直彦は、取引先の商人に美也子を世話してやろうというこんたんでいたのが、信太郎の子の美也子の腹にあると聞いて激怒し、以後扶助一切を断るといって来た。美也子はその苦しい中で分べんする、折も折その晩、信太郎戦死の公報が入った。驚がくと絶望に打ちひしがれた二人の女、槙子と美也子は、総ての頼る柱を失い、保険の外交員として働きに出なければならなかった。--終戦になり、藤本は釈放され帰って来たが、槙子は過労がもとで逝ってしまう。藤本は信太郎との友情のために、美也子母子を伴って田舎に行き何くれと世話をする、信太郎が突然帰って来る。公報は無論誤報だったのだ。信太郎は藤本と美也子の関係を誤解し、一人さびしく去ろうとする。藤本は信太郎をみて喜び勇んだ、美也子さんは待ってたんだぜ、坊やを守りながら。……誤解はとけた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。