日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

幸運の椅子
コウウンノイス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年02月10日 
製作会社
東宝日映 
配給会社
東宝・日映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

帝劇の舞台を写すと共に劇的ストーリイをおりこんだ日映最初の劇映画で製作は第一回の嵯峨善兵、脚本、演出は「いつの日か花咲かん」の原案をした高木俊朗、撮影は栗林実、東熊喜、小林米作の短篇映画界におけるヴェテラン。出演する芸術家はバレー小牧、貝谷バレー団、オペラ藤原歌劇団、ヴァイオリン諏訪根自子、オペレッタ山口淑子らでそれに、沼崎勳、中北千枝子、生方功、若木悦子、河村弘二、谷間小百合らが出演する。

スタッフ

製作
嵯峨善兵
脚本
高木俊朗
演出
高木俊朗
撮影
栗林実東熊喜小林米作
録音
国島正男
照明
城戸惣作
美術
小川一男
音楽
近衞秀麿

ストーリー

ある劇場のロビーにいつのころからか「幸運の椅子」があるといい伝えられている。腰かけた人に幸運がくるという。 〔第一話〕土曜日の午後。劇場にはオペラ「カルメン」が上演されていた。一人の娘が約束した時間に現われない恋人をいらいらと待っていた。やっとかけつけた男のべんかいに娘はプリプリして、でも二人は劇場の中へ入った。だが第一幕終了までは入場出来ず、そこへ男の知合いの女が現われ、娘は非常に気分を害して帰ってしまう。男はがっかりしてすわりこんでしまう。それは幸運の椅子だった。その男の前に思いかえした娘がもどって来た。数分の後、二人は手をにぎりあって「カルメン」の舞台に見入っていた。 〔第二話〕舞台では諏訪根自子の独奏ラロのスペイン・シムホニイが奏されている。客席に一見夜の女とわかる二人がいる。一人の女は退屈しているが、もう一人は心を奪われている。休憩時間に一人は帰り、一人は幸運の椅子にかけた。彼女の心に突然大きな変化がおこる。同じ年ごろのヴァイオリニストは最高の人生を生きている。それなのに私は最低の生活にうごめいている。烈しい自己嫌悪に彼女は生活への信仰をとりもどした。 〔第三話〕戦災で田舎と東京と別れて住んでいる舞台美術家志望の背景画家の夫のとこへ疎開先きから妻が用足しにやって来て夫のつとめ先の劇場でやっている音楽劇「ケンタッキー・ホーム」を観に来ている。妻はゆくりなく幸運の椅子にすわる。二人は近々に別居の哀しさから救われるだろう。 〔第四話〕舞台はけんらんなシエラザーデのむせかえる場面である。が、客席に落ちつかぬ男がいる。休憩時間のロビーでも人にあやしまれる。その男が腰をおろしたのが幸運の椅子。途端に場内拡声器がその男の家で赤ン坊が生れたから帰るように報じるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。