日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

馬車物語
バシャモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年01月27日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

「恋する妻」につぐ伊藤基彦の製作で、石坂洋次郎の原作(文藝春秋所載「馬事物語」)を「面影」「雲は天才である」の館岡謙之助が脚色し、「虞美人草」「ワンワン物語」の中川信夫復帰第一回の演出である。撮影は終戦後第一回の平野好美担当。主演は「新馬鹿時代」の榎本健一、「浮世も天国」の水原久美子で、それに「踊子物語」の徳川夢声、「春の目ざめ」の飯田蝶子、「見たり聞いたりためしたり」の灰田勝彦らが助演。

スタッフ

製作
伊藤基彦
原作
石坂洋次郎
脚色
館岡謙之助
演出
中川信夫
撮影
平野好美
照明
佐藤快哉
録音
中井喜八郎
美術
伊藤寿一

ストーリー

東北の片田舎。寅市は町と岩木村をつなぐ乗合馬車の馭者である。今日岩木村で芸能コンクールがあり、彼も出場しようと思っている。馬車にはコンクール審査員の小説家石中先生と名妓ポン太、墓相学の大家泰軒それに寅市の親類のユミコ婆さんが仲人をした花嫁を迎えにいくためにのっている。馬車は岩木村についた。村の近代青年島田庄一郎は石中先生たちを迎えた。島田家は没落の運命にあり、当主庄左衛門は怪し気な墓相学の泰軒を招いて墓相をみてもらうことになったのだ。一方ユミコ婆さんは明日町へ嫁にいく富山モヨ子の家にいく。寅市も富山家へいき何かと手つだわされる。寅市はひそかにモヨ子を想っているのだ。しかしモヨ子は田舎の古いしきたりの中で、たった一度見合した男のところへいってしまうのでさびしい気持である。その夜富山家は祝い酒でにぎわった。寅市とモヨ子はこっそりコンクール場にいく。コンクール場にかけつけたモヨ子は娘時代の最後を思いきりうたうのだった。寅市もうたった。引続いて座談会があり石中先生をかこみ恋愛と結婚について珍問答が交される。寅市とモヨ子は並んで帰路につく。何か二人ともさびしいのである。翌朝花嫁とその両親を加えた昨日と同じ人たちをのせて馬車は走っている。と、町から馬をとばせた使者がきて、ユミコ婆さんや両親をおろし、花婿の急死をつたえる。石中先生たちもそれを聞いて驚ろく。一度家を出た花嫁はもう帰ることは出来ないと婆さんも、両親も途方にくれる。馬車にのこった寅市とモヨ子は何も知らずに歌をうたい出した。ふと、婆さんはモヨ子を寅市の嫁にしたらと提案する。そして二人を呼んで相談する。寅市たちは突然のことにとまどってしまう。そのとき泰軒が、附近の墓をみて墓相学で占うといい、占ってみるとまたとない良縁だというので両親も安心し、寅市もモヨ子もさすがにうれしい。--すべてが解決して馬車はいきおいよくはしっていく--。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。