日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

長崎物語
ナガサキモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年12月23日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「地獄の顔」「花ある星座」「淑女とサーカス」の小倉浩一郎のプロデュースで「新婚リーグ戦」「淑女とサーカス」の斎藤良輔が戦後最初の長瀬喜伴と共同で脚本を執筆し「地獄の顔」「花ある星座」に次ぐ大曽根辰夫監督作品。カメラは「花ある星座」の服部幹夫が担当し「淑女とサーカス」の水島道太郎「生活の樹」の折原啓子(大映多摩川)「愛よ星と共に」の逢初夢子が主演する他舞台に出ていた江戸川蘭子が久しぶりに出演する。

スタッフ

企画
小倉浩一郎
脚本
斎藤良輔長瀬喜伴
監督
大曾根辰夫
撮影
服部幹夫
照明
山本行雄
録音
八田亥三郎

ストーリー

昭和十六年ミナト長崎の秋まつり、やくざ稼業に身を落とし今「はま重」の身内として羽ぶりをきかす直吉を、旧友の牧師沢田は何とかして正道に戻そうと就職の世話までしたが、直吉は好意を蹴ってカフェーの女おふじのもとに去った。カフェー・カモメの開店祝いに相政組の与太者を殴ったことから直吉はその夜一味の襲撃を受け、傷ついた体でとある屋敷の勝手口に逃れ、女中静江の看護を受けた。翌日直吉をかくまったことから主家を出された静江は、あてもなく前途への希望を失って海を見ていた。直吉は身寄りのない彼女を救うため子分三郎を下宿から追い出して部屋を提供した。直吉を静江に取られたと邪推したおふじは、彼女に対し直吉の逆宣伝に出たが、静江は一すじに直吉を信じ仕立ものなどに自活の道を歩むのだった。直吉と散歩に出た日、彼女は愛の告白をしようとしたが、直吉は無言で別れて行った。その時彼には召集が来ていたのだ。あとで知った静江は波止場に馳せつけたが、直吉の船はすでに汽笛の尾を引いて沖に出ていた。それから五年、平和の蘇った長崎の同じ秋の祭の日--直吉は復員して来た。子分の三郎も結婚していたし、おふじもキャバレーのマダムに成功していた。おふじから静江が彼の子供を生んで、その子誠一とともに彼の帰りを待っていることを聞いた直吉は、すぐ静江に会ったが、なぜか彼の気持は晴れなかった。彼の母が船乗りの父の航海中別の男をこしらえたことから両親とも不慮の死をとげた事実を幼な目に見て来た直吉は女というものを憎しみ嫌っていたのだった。しかし今静江の献身的な愛情とわが子の前に直吉の頑なな心も解けた、明後日に迫った愛児誠一の誕生日に直吉は金が欲しかった。ちょうど新聞紙上に報じられている「はま重」親分の捜索にかけられた五千円の懸賞金。直吉は三郎を脅かして親分の隠れ家を突き止めると警察に密告した。懸賞金と愛児への手土産を持って帰る直吉は「はま重」の子分に襲われピストルで射たれる。“静江、頼むよ坊主のこと……”直吉の息は切れた。人の性はやはり善であったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。