日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恥かしい頃
ハズカシイコロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年07月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

「はたちの青春」(柳井隆雄と共同)の武井韶平と「消えた死体」の清島長利の共同脚本を、野村浩将が「彼女の発言」以来久々に監督する。撮影は「お笑い週間 花婿騒動記」の西川亨の担当。「浅草の坊ちやん」に次ぐ清水金一、星光子の主演。

スタッフ

製作
柳井隆雄
脚本
武井韶平清島長利
監督
野村浩将
撮影
西川亨
録音
妹尾芳三郎
照明
高下逸男

ストーリー

同じ会社に勤める義夫と春江は結ばれて家庭を持ったが、サッカリンのような甘さに隣家のオールドミス茂子や、会社の同僚たちはすっかり悩まされていた。義夫の同僚中村と小林が新婚家庭を襲って酔いつぶれた一夜、いたって気のいい泥棒が侵入して男三人を縛ったが、春江は得意の甘さで泥棒を丸めて、盗られた品物を全部泥君に進呈した上酒まで飲ませて「これをもとでに何か地道な商売見つけてちょうだいな……」と帰してしまう。納まらないのは義夫で、泥棒と何かあったと邪推、春江はフン然として伯母のところに帰ってしまう。やぶ医者である伯父は男の立場から義夫に同情するが、強気の伯母は春江の肩をもって断固離婚を迫って家庭争議が持ち上がる。その昔義夫と春江の二人がある岩頭で恋を語らったとき「君がぼくを捨てて逃げるようなことがあったらぼくはここから飛込んで死んでしまうよ」「そう私もよ……」と甘く誓ったことを一枚の写真から思い出した春江は、万一の場合を心配して伯母と海岸をさまよい歩く。一方、すっかりくさった義雄は慰める伯父と二人で海岸のホテルで馬鹿騒ぎを演じている。その二組が偶然ホールでバッタリ顔を合せる。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。