日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二連銃の鬼
ニレンジュウノオニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年07月08日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「最後の鉄腕」(斎藤良輔と共同)の鈴木兵吾の脚本により、「許された一夜」の佐々木啓祐が監督する。撮影は「長屋紳士録」の厚田雄春。「街の野獣」(松竹京都)以来久しぶりの佐分利信、大映多摩川から大船に移った宇佐美淳、「結婚(1947)」の井川邦子、永らくスクリーンから遠去かっていた川崎弘子、監督転向を一時取りやめた小杉勇らの異色あるキャストである。

スタッフ

製作
細谷辰雄
脚本
鈴木兵吾
監督
佐々木啓祐
撮影
厚田雄春
録音
小尾幸魚
美術
浜田辰雄
照明
磯野春雄

ストーリー

北国の港町、時季が来ると、アザラシやオットセイの狩獲に、方々から流れ者の獲師達が来るのでにぎわう町だった。そしてこの町でも一番の古顔は辰巳屋。その辰巳屋が、戦時中のどさくさにまぎれ、商売敵の正木屋にしてやられ、持船をすっかり失くし、最後に残ったおなじみの辰巳丸まで、正木屋に取られてしまった。辰巳屋のおやじ彦六は憂鬱である。狩獲の時季がまた訪れて来た長い間顔を見せなかったかつての辰巳丸一番ハンター黒島の顔も大勢の猟師達に混って現われた。二連銃の鬼、それが黒島の綽名だった。この黒島に、彦六の二番娘ふじ子は首ッたけ。ところが黒島のいない間、ふじ子に目を付けて追い回しているのが、これも北国で名うての男禿鷹。当然ふじ子をはさんで、黒島と禿鷹の達引は免れないところだった。加えて木崎という生ッ白くて妙に得体の知れない男が辰巳屋に泊り込んでいる。この木崎の黒島を見る目付きに怪しい光があった。その上、昔黒島が結婚を申込んだ事のある、ふじ子の姉のとみ江が、子供を連れて帰って来たのだった。黒島も、またそれ以上に、彦六の悩みは大きかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。