日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

消えた死体
キエタシタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年06月10日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
68分  

五年ぶりの瑞穂春海監督作品。渋谷実の原案を清島長利が脚色し、新人布戸章が撮影を担当。「結婚(1947)」に次ぐ上原謙、「四つの恋の物語(1947)」第二話(別れも愉し)(東宝)に次ぐ木暮実千代、「深夜の市長」に次ぐ村田知英子らの主演。

スタッフ

製作
小倉武志
原案
渋谷実
脚本
清島長利
監督
瑞穂春海
撮影
布戸章
録音
新楠元
美術
小島基司

ストーリー

南国の漁師町から憧れの東京に飛び出した若い男と女。けい秀作家を志した女はいまキャバレーのダンサーとなり、拳闘家を夢見た男はある婦女仲買人の用心棒となっていた。男は都会に見切りをつけ漁師となるべく帰郷の決心を固めた。その出発の前夜、はからずも知り合った故郷の同じ二人は心に通う何かを感じ始めていたが現在の自分に愛想をつかし海の生活に還ろうとする男の希望に反し、女はいまだに年来の小説家志望に固執していた。折も折、殺人事件が突発する。最も嫌疑の深い立場にある男を救うため彼女は夜明けまでに犯人を探すべく男を励まし活動を開始する。夜を徹しての捜査で疲れ切った二人が向い合った。事件の解決に協同しているうちに、もはや絶ち切れない愛情の糸で繋ぎ留められていることに二人は気付かなかった。別れの時刻が迫ってきた。「あばよ」「さよなら」男はたくましい後姿を見せて立ち去って行った。男は感慨を込めて車窓から流れる東京の街を見送っていた。ふと振り返ると、別れたはずの女が傍ににこやかに立っていた。「小説はどうしたんだい」「現実はもっと小説的ね、やっとわかったわ」二人に新しい生活の朝が開けてきた。まぶしい光の中を列車は走って行く。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。