日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

非常線(1947)
ヒジョウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年05月13日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「バラ屋敷の惨劇」の沢村勉の脚本を「待ちぼうけの女」「のんきな父さん」のマキノ正博が演出する。撮影の三木滋人は「歌麿をめぐる五人の女(1946)」「満月城の歌合戦」のカメラマン。出演者はMSCの月丘夢路、楠かほる、轟夕起子の他、「地獄の顔」の水島道太郎、月丘千秋、「わが恋せし乙女」の原保美、斎藤達雄、見明凡太朗(大映)、佐伯秀男、田端義夫(MSC)ら。

スタッフ

企画
小倉浩一郎
脚本
沢村勉
監督
マキノ正博
撮影
三木滋人
照明
西川鶴三
録音
石原貞光
美術
本木勇
音楽
中沢寿士

ストーリー

港町のある三階建ての安ホテル。港祭りの晩に、前科者の運転手千代太が若い身投げ女葉子を担ぎ込んでくる。下宿人のインチキ薬を作っている医師蒲原が葉子の介抱をする。折も折、某銀行の襲撃事件があって、現場に千代太の帽子が落ちていたというので、非常線がホテル界隈に張り巡らされる。ホテルの人々は多かれ少なかれ後ろ暗いことをしていたので、非常線のためにビクビクする。葉子の父亥太郎はがん造紙幣を製造していたが自分の危険を知りがん造紙幣を各室へ投げ込んで罪状をくらまそうとする。兄清之助の室にいた千代太は前科者独得の強迫感情で近くの下水に隠れるが、贋造紙幣一味は千代太を捜し出して警察に密告する。千代太は逃げようとして射殺され無実の罪を絶叫しつつ死んで行く。銀行襲撃の真犯人が挙った報が伝わりやがて非常線は解かれる。この非常線騒ぎで贋造紙幣団が逮捕され、闇の常習として宿の主人と出入りの闇商人も警察にひかれてゆく。蒲原と葉子は相寄る魂を感じて新発足すべくホテルを出る。千代太の恋人夏子が貧しさのため堕胎しようとしていたのを知った清之助は秘蔵の虎の皮を売って新しい生命を守るようにという。こうして朝がきて、安ホテルの生活がいつものように、しかし今日は明るく始まって行くのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。