日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

見たり聞いたりためしたり
ミタリキイタリタメシタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年06月10日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

東京タイムス連載のサトウハチローの原作を、「東京五人男」「幸運の仲間」の山下與志一が脚色、「東京五人男」「聟入り豪華船」の斎藤寅次郎が演出にあたる。灰田勝彦、アキレタボーイズ、権太楼、一路・突破のコンビ、ニュー・フェイス野上千鶴子らの出演。

スタッフ

製作
伊藤基彦野口久光
原作
サトウハチロー
脚色
山下與志一
演出
斎藤寅次郎
撮影
山中晋
美術
北辰雄
照明
石井長四郎
録音
中井喜八郎
音楽
服部良一

ストーリー

海外引揚者の勝田純平は健一、万里子、文夫、庄助、亮一と五人の子供を連れて東京に出てきた。先輩の河井の家に落着くが余りに同居人が多いため、先輩の河井の妻君のヒステリイにあってそこを飛び出る。上野公園で知り合いになった火の玉四人組という戦災孤児の住んでいる軍輌住宅に子供達と住むことになる。職を捜し始めた勝田はある日街角で食堂の給仕をしている初江と知り合い彼女は勝田を助けて孤児達の面倒をみることになる。孤児達の一人、万里子が病気になり医者に看せる金を得るため勝田は拳闘大会に出場した。しかし孤児達の声援も空しく勝田はノックアウトされたが、万里子の病気は皆の看病で回復した。孤児達がキャッチボールのそれ玉を捜しに行ったあるビルの地下室にトバク団一味を発見し、勝田は一味捕縛の殊勲者にまつりあげられる。表彰状の代わりに孤児の家を作るための基金募集の音楽会を開くことにする。音楽会で唄う万里子の歌が機縁で万里子は父親に巡り会う。孤児のホーム「希望の家」が建てられ勝田と初江は結ばれる。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。