日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

今宵妻となりぬ
コヨイツマトナリヌ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年03月04日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「幾山河」「彼と彼女は行く」「雷雨」に次ぐ田中重雄監督作品。脚本は「次郎物語(1941)」の館岡謙之介が、撮影は「雷雨」「踊子物語」などの青島順一郎がそれぞれ当っている。「今ひとたびの」(東宝)の高峰三枝子「霧の夜ばなし」(東宝)の入江たか子、「二死満塁」「盗まれかけた音楽祭」の宇佐美淳の主演。

スタッフ

企画
黒岩健而
脚本
館岡謙之助
監督
田中重雄
撮影
青島順一郎
録音
西井憲一
照明
佐藤寛
美術
下河原友雄
セット
小山照吉

ストーリー

津村病院の若き院主由美子は高原のホテルで知り合った青年と帰京の車中で再びめぐり会い秘かに心を惹かれた。青年は森川博といって内科に造詣が深い医学博士だった。帰京した由美子が気の進まない見合の席から抜け出した時、叔父のいる院長室で意外な人を目にした。それは森川だった。叔父の話によれば、由美子の亡兄の親友だった森川は今度彼女の病院に内科の科長として招かれ、同時に彼女の兄嫁で胸の病気を静養中の未亡人幸枝の主治医となることになっていた。由美子の心は思わず歓びに弾んだ。一日森川は熱海の別荘に幸枝を見舞い、亡友の追憶に時を過した。由美子は森川に惹かれる心が強くなるに従って、彼と幸枝との間を猜疑の目で眺め始めた自分をどうすることもできなかった。そして彼らの間の小さな出来事を曲解した彼女はついに家を出て友人三木本の別荘に身を潜めた。幸枝は心の中に森川に対して不純な気持がなかったとは言い切れないだけにその驚きは激しかった。自暴自棄の由美子が危く三木本の兄茂樹の毒牙にかけられそうになった瞬間、現われたのは彼女を探し求めた幸枝だった。由美子は救われたが、しかし心痛と過労の幸枝はにわかに重態に陥り、由美子と森川の結ばれることを唯一つの願いとして静かにこの世を去った。その遺品のにおい刷毛は、今宵妻となる由美子の粧いをほのかな悲しみで彩った。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。