日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

阿部定 最後の七日間
アベサダサイゴノナノカカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2011年06月18日 
製作会社
新東宝映画=GPミュージアムソフト 
配給会社
新東宝映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

昭和11年の“阿部定事件”を、定自身による供述や手記、発言に若干の脚色を加え、新たな解釈で映画化。定の取り調べの模様や吉蔵との最後の7日間をリアルに再現し、事件の意外な真相を描く。「新釈・四畳半襖の下張り」の監督・愛染恭子、主演・麻美ゆまのコンビが再集結。共演は、「たとえ世界が終わっても」の松田信行。

スタッフ

監督
愛染恭子
企画
西健二郎衣川仲人
製作
山田浩貴後藤功一
プロデューサー
森角威之
ライン・プロデューサー
泉知良
脚本
福原彰
撮影
中尾正人
録音
高島良太
衣装デザイン
野村明子
ヘアメイク
唐沢知子
助監督
浅木大
スチール
中居拳子

ストーリー

昭和11年5月。料亭の住み込み女中・阿部定(麻美ゆま)は、情夫である料亭の主人・石田吉蔵(松田信行)の殺害と死体損壊の嫌疑で、警察の取り調べを受けている。刑事の執拗な訊問にも、定は犯行について是認も否認もしない。やがて定の口から、吉蔵の死と、その死体から局部を切り取るまでの経緯が語られる。そこには、常軌を逸した快楽に溺れた、男と女の凄まじい愛欲の世界があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /16mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。