日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

許された一夜
ユルサレタイチヤ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年12月24日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

満州から引揚げて来た木暮実千代復帰第一回出演。演出は「鍵を握る女」の佐々木啓祐。

スタッフ

脚本
津路嘉郎
監督
佐々木啓祐
撮影
厚田雄春
録音
牧鞆之助
音楽
万城目正

ストーリー

芙美は瀬川の独り息子と出征直前叔父喜一に無理に結婚をさせられた。夫は子供が出来た事も知らずに出征し戦死をした。瀬川夫妻は芙美の貧しい事を理由に、子供のみを引き取り芙美に強制的に別居させてしまった。芙美は借間で仕立物をしながら生活をした。にわか雨のある日、戸田恭助に傘を借り翌日戸田の家に傘を返しに行って母子二人暮らしであることを知る。その日家に帰ると叔父喜一が彼女を待っていて瀬川家で子供が病気故直ぐ来るようにとの話で瀬川家に同道するがそこで喜一が常に瀬川家に闇物資を入れて金をもらっている事を知る。庄平夫妻は彼女に冷ややかな態度であったが、義妹の京子は何かと彼女をいたわった。その日も彼女は逃げるように下宿に帰った。恭助の母は一目で芙美が気に入り、恭助の嫁にと心秘かに楽しんでいた。恭助も彼女を愛していた。その後また叔父が訪れ某カフェーより芙美を店で働かせることを条件に五千円前借りした故是非出てくれと頼む。唯一人の身内と思えば仕方なく店に出るようになったが、恭助より一日誘われて朋輩の邦子と三人で山に行き、キャンプの夜恭助より求婚される。彼女は愛情故に過去を打ち明けかね、煩々と愛故に反対にハスッパに自分は真面目な女じゃないと笑うが真剣な恭助に心を偽る事が出来なかった。数日後京子の急報で子供の危篤を知り馳せつけるのが遅く、子供はこの世になかった。庄平は芙美を瀬川家から籍を抜いた。その庄平の家に警察の手が入った。芙美は今や一切を恭助に打ち開けた。恭助は母に彼女の告白を話した。母はこの時はじめて彼等母子の過去を話して聴かせるのだった。その昔、夫に捨てられ、乳呑み児だった恭助を抱えて苦難にみちた人生を歩いた母の半生は、今の芙美の立場にそっくりだ、と母は語った。こんな悲しい運命の人には、大きく強い愛こそ与えてやらねばならない、という母の言葉は、恭助の心を激しく搏つものがあった。無理な借金の返済に懸命の余り体を悪くし、優しい父は亡くなったのだ。そして母はもしあなたが大きな気持ちであの女を包んでおやりになれるんだったら……その自信がおありなら……そりゃ母さんは……どんなに嬉しいか知れやしないと涙の中に言葉を結んだ。恭助は堅く決意し翌日彼女の家に行くと喜一が彼女の持物をかき集めて高飛びするに多忙で、彼女の姿は見えなかった。喜一が逃げるように品物を持って表に出るとすでに警察から手がまわり連行される。入れ違いに京子が訪れ芙美の速達を恭助に見せると自殺の恐れがある文面に驚いたが、恭助は心思うことがあって前に遊んだ山の湖畔に馳せつける。そこに芙美は泣き伏していた。夜霧の中に二人の抱擁が続いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。