日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二死満塁
ニシマンルイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年12月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「修道院の花嫁」に次ぐ田口哲監督作品。「滝の白糸(1946)」に主演した夏川大二郎が主演する。新人及川千代がデビューする。

スタッフ

企画
中代富士男
原作
陶山密
脚色
藤田昌一
監督
田口哲
撮影
秋野榮久百瀬四郎
録音
西井憲一
美術
高橋康一
セット
高橋辰男

ストーリー

アサヒ軍の山田、原のバッテリーはアサヒを背負って立つプレイヤー同志で、すでに九連勝を続けている。藤村監督の妹の小百合は山田を愛していた。山田も小百合を憎からず思っていた。ある日小百合の紹介で山田は歌手のマリコに会うがマリコは山田に興味を覚える。山田は彼が大学の学資を出して貰った恩人の山本氏から氏の球団の不振を救うためアサヒ軍をやめてくれといわれて悩むが藤村監督と話し合った末山本氏の球団に入る。新聞は彼が金に動いたと書きたてる。アサヒ軍との試合で山田は原に死球を与えるが故意にやったと噂されてくさる。泥酔した山田はマリコと同棲する破目を作るがそれからの彼は身を持ちくずして球威は全く衰えてしまい物凄いスランプがくる。その後原と小百合の厚情とマリコの犠牲でやがて昔日の山田の面目を取り戻し晴れの舞台で原とも正々堂々と戦い会う日が訪れて来る。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。