日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

物交交響樂
ブッコウコウキョウガク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年11月12日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
20分  

原作、脚色、演出とも、永い間助監督をして来た玉上、長島両人によるもので新人高橋貞二を主演とする短編映画である。

スタッフ

原作
玉上義人
演出
長島豊次郎
脚色
長島豊次郎
撮影
中村喜代治
照明
加藤政雄
録音
大村三郎
美術
五所福之助
音楽
田代與志
制作補
清水富二

ストーリー

新しく開かれた物品交換所、そこには評価係の大山と現品係の小山とが受付の美女真山広子をめぐって睨み合っている。二人の間には「職場を明るくする為、広子を守り、かつお互い広子には絶対に手を出してはいけない」という誓約書まで出来上がっているのだ。しかしどうにかして広子を手に入れたい大山と小山。そうこうしている中に二人にとって恐るべき大敵が現れた。それは昨日古びたヴァィオリンを持って来て粉二貫目欲しいと申し出た青年石丸門太である。門太は愛用のヴァィオリン恋しさと食糧欲しさにやって来たのだ。広子は彼の気持ちに同情して話しているうちに二人の間には美しい心遣いが流れる。こうなると今まで牽制し会っていた大山と小山も共同戦線を張らざるを得なくなった。ところがその翌日門太は作曲募集に当選して物交所のヴァィオリンを取り戻すために駈けつけて来た。しかし時すでにおそくヴァィオリンは粉二貫目に変わってしまっていた。どうしてもヴァィオリンを取り戻したい門太は広子の好意による案内でヴァィオリンを持って行った夫人の家を尋ねて行くが、その夫人は、音楽好きの夫(失眼傷痍軍人)のために、なけなしの反物を粉に変えて来てまで、そのヴァィオリンを手に入れたというのであった。門太はいたく感動させられ、自分のヴァィオリンの幸福を広子と語らいながら帰って行くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。