日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

パレットナイフの殺人
パレットナイフノサツジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年10月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

「夜光る顔」に次ぐ久松静児監督作品。

スタッフ

企画
加賀四郎
原作
江戸川乱歩
脚本
高岩肇
監督
久松静児
撮影
高橋通夫
録音
長谷川光雄
美術
下河原友雄
照明
伊藤幸夫

ストーリー

新進画家松村武は本荘氏の未亡人悠紀子の肖像画を描いていたが、従軍を断ったため悠紀子に恋慕する特高係岩崎中尉のトリックで憲兵隊特高係に拘引され投獄された。戦争も終わって松村は釈放され岩崎は公職を追放された。松村は描きかけの悠紀子の肖像画を続けることにした。相寄る二人の魂を嫉視した岩崎は松村を悠紀子に中傷するが悠紀子は岩崎の出入りを断った。それからは岩崎の執拗な監視の目が二人に対して向けられる。悠紀子の嘆願で松村はある朝九時に悠紀子を連れ出す事を約束する。松村の訪れる前悠紀子を襲った岩崎は悠紀子を絞殺してしまう。そして彼女の胸にクッションをあてパレットナイフで刺した。後刻松村が悠紀子の室を訪れて悠紀子の死体を見て呆然としているところを女中のひでに発見される。急報に接した川野警部は早速取り調べにかかるが巧みな心理試験で川野の主張するアリバイを偽りと断定し不利に陥っていた松村の立場を恢復し真犯人岩崎をして自らの命を断たせるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。