日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雷雨(1946)
ライウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年08月21日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

「彼と彼女は行く」に次ぐ田中重雄監督作品。

スタッフ

企画
三浦信夫
脚本
岡田豊
監督
田中重雄
撮影
青島順一郎
録音
長谷川光雄
照明
佐藤寛
音楽
鈴木哲夫

ストーリー

満州で自動車工場の技師をしていた山上は五年振りで終戦後の東京に帰って来て恋人光子が及川教授の妻となっている事を知って落胆した。その結果、彼は露天商新吉の家に同居することになり、その妹初江より愛されるようになる。偶然の機会より死んだと誤報されていた山上の生存を知った光子は仰天した。今は人妻である。愛情の帰趣に迷った光子は凡てを夫に告白した。寛容なる夫及川教授の申し出によって山上を中心に及川夫妻の三人は腹蔵なく互いの心を話し合った。その結果あまりにも寛容なそして偉大な及川の愛情に光子は今更の如く妻としての自分の足りなさを恥じずにはいられなかった。清々しい雷雨のあと、及川と光子、山上と初江の前途には輝かしい黎明が訪れた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。