日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜光る顔
ヨルヒカルカオ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年06月13日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

「大都会」「旋風街」の久松静児復員第一回監督作品。

スタッフ

原作
菊田一夫
脚色
高岩肇
監督
久松静児
撮影
高橋通夫

ストーリー

夜光る顔! 青白い燐光を放って光る顔が弁護士の野辺地と、脱税を計画中の戦時成金倉石金之助の邸に現れ、五百五十万円の宝石を国家に還えせと宣告して風の如く消える。翌日山崎警部の見張りの目をくぐって宝石が姿を消してしまった。倉石家には今家を捨てて母方の姓稲田を名乗ってレヴューの演出家をしている先妻の子徳穂と、後妻昌枝の娘美也子があった。徳穂は事件の当夜美也子の所を訪ねていたため嫌疑がかかり、取り調べの結果アリバイは成立したが、問題の宝石は夜光る顔によって警部の許に届けられ、その事から警部は徳穂がもう一人あることに気付く。野辺地は脱税の分け前をとろうと画策し徳穂を利用して目的を果たそうとする。ある日野辺地は高石と名乗る謎の男と対談中、高石は突然野辺地の陰謀を罵り、驚いて彼が逃げようとすると、いつの間にか高石の顔が徳穂の顔に変わっていた。一方、山崎警部は徳穂に双生児の弟一穂のあることを知り、金之助を追求していると徳穂がやって来、間もなく真犯人を見たと、野辺地が叫んでいるところへ、もう一人の徳穂が現れ、邸内は騒然となる。先に来ていた徳穂が、金之助の前で『この顔をよく見ろ』と頬のあたりをむしると、金之助はワナワナとふるえだした。彼こそ一穂だったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。