日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

街の人気者
マチノニンキモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年03月07日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

「成吉思汗」に次ぐ牛原虚彦監督作品。

スタッフ

脚本
小国英雄
監督
牛原虚彦
撮影
相坂操一

ストーリー

岩田財閥の経営する工場所属研究所所員だった大学出の秀才佐々三太郎は、工場が幹部の私腹財産蓄積工場であり、研究所はその莫大な戦争利得を隠蔽する擬装看板であることを知って憤然退社後、良心的で親切な万修繕屋となって街の人気者になった。終戦と同時に老獪岩田財閥は軍閥を袖にして今度は政党と手を握ろうと策して、かっては、太郎がその人格と識見に傾倒していた吉岡博士を買収し博士に悪名高い岩田財閥と一見民主主義と見える新党を樹立させその影から気を引こうとした。博士から入党招請状を受け取って三太郎は喜び勇んで馳せ参じたが財閥との醜関係を知って絶望してしまう。この時博士令嬢美代子は三太郎に対する愛とけがれない正しいものを求めてやまない心から親友昭子やその兄純造などと計って三太郎を立候補させ新党の政網発表会の壇上でその内幕を暴露し博士にその反省を求めた。大衆は圧倒的に三太郎を支持し、若い二人は肉身の父の悲しい犠牲の上に新しい日本民主化の途を踏み出したのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。