日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

DEATH NOTE デスノート the Last name
デスノートザラストネーム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年11月03日 
製作会社
集英社/ホリプロ/読売テレビ/バップ/KONAMI/松竹/日活 
配給会社
ワーナー 
レイティング
一般映画  
英語名
Death Note The Last Name  
上映時間
140分  

名前を書き込まれた人間を死に至らしめるノートを手に入れ、犯罪者を独自に粛清する青年と、事件を捜査する探偵の頭脳戦を描くサスペンス・ドラマの後編。2冊目のデスノートが現われ、混乱は更に加速する。『週刊少年ジャンプ』で連載された同名マンガを原作に、前編「DEATH NOTE デスノート」の金子修介が監督。藤原竜也、松山ケンイチら出演者も続投。前編公開から約半年後に封切られ、邦画初の前・後編連続公開となった。

スタッフ

監督
金子修介
原作
大場つぐみ小畑健
脚本
大石哲也金子修介
音楽
川井憲次
製作指揮
三浦姫
製作
山路則隆堀義貴西垣慎一郎平井文宏北上一三松本輝起大澤茂樹
エグゼクティブプロデューサー
奥田誠治
プロデューサー
佐藤貴博福田豊治小橋孝裕
企画
鳥嶋和彦佐藤敦
撮影監督
高間賢治
照明
上保正道
美術
及川一
録音
岩倉雅之
編集
矢船陽介
撮影
石川稔
助監督
山口晃二井原眞治大津是
キャスティング
吉川威史
ラインプロデューサー
大塚泰之
CGプロデューサー
豊嶋勇作

出演者

ストーリー

死神リューク(声:中村獅童)が落とした『デスノート』を拾い、世の中に野放しになっている凶悪犯を独自の判断で粛清していくエリート大学生・夜神月(藤原竜也)。犯罪者が不審死を遂げる中、人々の間では『救世主 キラ』の存在が囁かれていた。一方、キラ事件を捜査するためインターポールから派遣された探偵L(松山ケンイチ)は、月への疑いを深めていく。「キラ逮捕に協力する」と月は自ら捜査本部に乗り込み、Lと月は互いに腹を探り合う。そんな中、リュークとは別の死神レム(声:池畑慎之介)のデスノートを手に入れたアイドル、弥海砂(戸田恵梨香)は、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える『死神の目』を持つ。キラを崇拝する海砂は『第2のキラ』と称し、キラを否定する者を殺していく。海砂と手を組んだ月は彼女を使ってLの本名を知り、デスノートで抹殺しようと目論むが、機先を制したLによって海砂は監禁・尋問される。海砂が自分との関係を自白しないよう、月はデスノートの所有者であることを一時放棄し、自らの監禁を申し出る。一方、煽動的なキラ報道で視聴率を上げるさくらTVのキャスター、高田清美は、海砂が放棄した第2のデスノートを得て『第3のキラ』となる。『第3のキラ』の登場に捜査本部は混乱し、所有権を放棄したことでノートに関する記憶を失った月は、Lと協力して『第3のキラ』の正体を突き止める。清美の逮捕と死でデスノート、そして死神の存在が明るみとなり、記憶を取り戻した月は自分がキラである疑いを晴らす。海砂を操り、Lを抹殺して完全勝利を収めようとする月だが、Lによってノートはすり替えられ、自分がキラであることを露呈してしまう。月を見限ったリュークはデスノートに月の名を書き、月は絶命する。一方Lも、キラを逮捕するため自分の命を諦め、自らの本名をデスノートに書き込んでいたのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSRD/ドルビーSR/DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。