日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ウール100%
ウールヒャクパーセント

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年10月28日 
製作会社
ピラミッドフィルム 
配給会社
クロックワークス 
レイティング
一般映画  
英語名
Wool100%  
上映時間
99分  

ゴミ屋敷に暮らす双子の老女が不思議な少女と出会い、共同生活を送るうちに人生を見つめなおすファンタジー・ドラマ。監督は、2003年サンダンスNHK国際映画祭作家賞を受賞した富永まい。出演は、これが最期の主演となった岸田今日子と「折り梅」の吉行和子。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
酒匂暢彦高橋増夫松江正俊
プロデューサー
遊佐和彦原田雅弘
ラインプロデューサー
関友彦
撮影監督
瀬野敏
美術
都築雄二
音楽
矢口博康
監督補
谷口正行
VE
仲野喜久治
録音
前田一穂
編集
長嶋勝一
アニメーションプロデューサー
春日剛野村辰寿松本絵美
アニメーション監督
坂井治
キャラクターデザイン
松成真理子
音楽プロデューサー
平石恵津子平石敦子
サウンドデザイナー
阿尾茂毅
音楽エンジニア
赤川新一
音響効果
小森護雄
助監督
市原大地
照明
尾崎智治
装飾
柴田博英
美術制作
高橋徹
スタイリスト
三田真一
着物制作
田島貴代子
ヘアメイクディレクター
小西神士
編み物監修
八田幸子
制作担当
佐藤幹也
宣伝美術
高井薫
宣伝スチール
蜷川実花
監督
富永まい
脚本
富永まい

出演者

ストーリー

大きな屋敷に何十年もの間、二人っきりで住んでいる双子の老女、梅(岸田今日子)と亀(吉行和子)。屋敷の中は、庭や屋根の上までごみで埋め尽くされていた。二人は毎日ごみ置き場を歩き回っては、気に入ったごみを持ち帰り、屋敷は完全なゴミ屋敷となってしまった。二人はごみを“ヒロイモノ”と呼び、宝物のように大切にしていた。ある日、いつものようにヒロイモノ集めに精を出していた二人は、目も覚めるような真っ赤な毛糸玉を見つける。それを持ち帰った夜、その赤い毛糸玉を手繰って、少女(北浦愛)が屋敷に迷い込んで来た。少女は二人が拾ってきた毛糸玉を手にとり、あっという間にセーターを編み上げる。そして自らセーターを着込み、編み目を念入りにチェックし、納得できないところを見つけると頭を抱えて「あみなおしじゃ~!!」と叫ぶ。その人間離れした声量は、屋敷を揺らすほどの大きさで、耳をふさがずにいられない。少女は叫んだ後、セーターを着たまま裾からほどき、また黙々とセーターを編み直し始める。二人は少女にアミナオシと名付け、アミナオシはその日からなぜか屋敷に居ついてしまう。セーターを編んでは「あみなおしじゃ~」と大きな声で叫び、また編み直すアミナオシ。最初は迷惑がっていた二人だが、次第に少女のことが気になってくる。やがてアミナオシは、二人の大事なヒロイモノを次々と壊し始めてゆく。やがて二人は過去を思い出す。愛する母が少女だった自分たちを置いて出て行ってしまい、初恋の男性に想いを告げられずに別れてしまった過去を、二人は思い返す。梅と亀は屋敷中のヒロイモノを処分することに決め、全てのヒロイモノを捨てると、アミナオシもまた消えていった。そして二人は住みなれた屋敷を出て、旅に出るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました