日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

わさお
ワサオ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2011年03月05日 
製作会社
「わさお」製作委員会 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
116分  

ブログでの紹介をきっかけに“ブサかわ犬”として人気になった青森県に住む“わさお”を主人公に、捨て犬だった過去から、飼い主と出会うまでを描いたドラマ。吹き替えなしで“わさお”自身が出演している。出演は「今度は愛妻家」の薬師丸ひろ子。監督は「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の錦織良成。

スタッフ

監督
錦織良成
脚本
小林弘利
撮影
柳田裕男

ストーリー

東京から走る貨物列車の中から、白く長い毛に覆われた大きな秋田犬が遠くの風景を見つめていた。疲れ果てて足取りも重いが、それでも秋田犬は旅を続けた。背後に白神山地の見える青森県鰺ヶ沢。動物好きの菊谷テツ子(薬師丸ひろ子)が店先で6頭の犬にエサをやっている最中に、その秋田犬は現れた。エサを与えようとしても食べず、犬は1人の少年を見つめる。その少年の名はアキラ。交通事故で入院中の母親を姉と2人で面倒見る一方で、動物好きの彼は、テツ子の動物の世話を手伝っていた。相撲とトライアスロンが盛んな鰺ヶ沢には様々な人たちがいた。テツ子の店の常連の老人3人組。中学生3人組、テツ子の夫たち。町の人々たち。そんな人々の間で、ライオンか熊かという正体不明の動物の目撃情報が相次いで持ち上がる。農作物の被害も相次ぎ、子どもたちの安全のためにも駆除が必要ということになり、マタギの猟師が呼ばれる。テツ子の前に現れた秋田犬は、ちょうどライオンのような外見をしていた。テツ子の尽力で少しずつエサを食べるようになったが、滅多に人には懐かず、現れては消えていた。その犬は、トライアスロンの練習に励む老人や地元の中学生たちをいつも励まし、テツ子のところにいる老犬を心配してくれたが、テツ子は気が気ではない。畑を荒らす熊と間違えて犬は駆除されてしまうのではないか?すべての生き物を助けようとするテツ子。母の交通事故の原因が子犬だったことから、犬を愛しながらも踏み出せないアキラ。何か考えがあるかのように、2人の近くに現れる犬。トライアスロン大会やねぶた祭りなど、様々な出来事を織り込みながら、物語は進む。北の大地で自然を愛し、人を愛し、動物を愛し生きる姿。人間としての愛情。自然に対する愛情。生き物すべてに対する愛情。もの言わぬ犬たち。はたして秋田犬とテツ子の運命は……?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。