日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

9/10 ジュウブンノキュウ
ジュウブンノキュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年10月07日 
製作会社
SALAMANDRAPICTURES 
配給会社
SALAMANDRA PICTURESバイオタイド 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

とある洋館の一室。再会した高校野球部メンバー “9人がひとつの空白”をめぐってスリリングな問答を重ねる異色のシュチュエーション・ミステリー。出演は「カミュなんて知らない」の中泉英雄、「チルソクの夏」の鈴木淳評、「美女缶」の藤川俊生、「十五才/学校IV」金井勇太など。監督は、「トリック」「枕草子」などの助監督などを務めてきた東條政利。脚本は「ユリシス」のなるせゆうせい。

スタッフ

監督
東條政利
プロデューサー
黒川章太
エグゼクティブプロデューサー
齊田春日
脚本
なるせゆうせい東條政利
撮影
高間賢治
音楽プロデューサー
和田亨
音楽
林祐介
美術
斎藤岩男
照明
上保正道
録音
井家眞紀夫
編集
小川王子
スチール
セレナ

出演者

ストーリー

2005年、夏。山道を走る車。やがて運転席から降り立ったひとりの男が、洋館の中に入っていく。同じく洋館。階段を上がって、にぎやかな男たちがあつまってくる。今日は、甲子園まであと一歩のところまで共に戦った、明星高校の野球部の同窓会なのだ。送り主不明の案内状に導かれ、7年ぶりにメンバー9人が再会。豪華な料理が用意してあるテーブルに、9脚の席。彼らは、自分たちの最後の試合となった、予選トーナメント決勝戦での打順に従って座ることにする。とりとめのない会話を始める9人。やがて野球部時代の思い出話に展開するが、すると、それぞれの記憶に食い違いが生じる。そんな中、あいまいな記憶をハッキリさせる手がかりになるかもしれないと、7年前に埋めたタイムカプセルを開けることが提案される。開封手段は、メンバーそれぞれが大事に持っていた計9個の鍵。ところが箱には、10個の鍵穴が空いているのだった。「何かがおかしい……」自分たちの思い出の大きな空白に気付くメンバーたち。事態はさらに二転三転。やがて、誰も予想できなかった真実が明らかになっていく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。