日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力母 大暴走!
ゲキジョウバンアタシンチジョウネツノチョーチョウノウリョクハハダイバクソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2010年11月13日 
製作会社
シンエイ動画=メディアファクトリー=テレビ朝日=ADK 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
43分  

けらけいこ原作で、ほのぼのとした笑いが人気のTVアニメ『あたしンち』を3D映画化。タチバナ家の母がひょんなことから超能力を使えるようになり、思わぬ騒動を巻き起こす。監督は、TV版演出の高橋渉。声の出演は、『ケロロ軍曹』の渡辺久美子、『最終兵器彼女』の折笠富美子。矢沢永吉の娘・矢沢洋子が主題歌を担当。

スタッフ

監修
やすみ哲夫
監督
高橋渉
脚本
大野木寛
原作
けらえいこ
作画監督
大武正枝
美術監督
天水勝
主題曲/主題歌
矢沢洋子
3D監督
三田邦彦

出演者

ストーリー

朝、いつものように目覚まし時計のベルの音とともに起きたタチバナ家の母(声:渡辺久美子)は、いつもより家事をテキパキとこなす。毎回真っ黒コゲの目玉焼きはちょうどいい半熟に、醤油差しに醤油を入れれば差し口ギリギリでストップ、買い物の支払いは小銭がちょうどぴったり……しかし、調子がいいとウキウキしていた母を、雷が直撃。すると母は、超能力を身につけてしまう。夜、父(緒方賢一)、みかん(折笠富美子)、ユズヒコ(阪口大助)の前で自慢げにスプーン曲げを披露した母は、家族が驚くのにますます気をよくし、翌日から超能力で家事をこなすようになる。最初のうちはその様子に家族も驚いていたが、しばらくすると慣れて、相手にされなくなる。そこで母は人の役に立とうと、家族にないしょで正義のヒーロー“エスパーママン”に変身する。お昼代の500円玉を落としてしまった女子高生や、自転車置き場の自転車を倒してしまった女性、道に迷ってライブに遅れそうなロック歌手、木から降りられなくなった猫など、困っている人のところに颯爽と現れては助けていった。しかしそのため家事がおろそかになり、家族の不満が爆発する。母の行動は余計なことと自分が楽することだけだとみかんに責められた母は、怒りと悲しみから無意識のうちにみかんを吹き飛ばしてしまう。しかし被害はそれだけではなかった。家族に亀裂が入ると同時に、マンションにも無数の亀裂が入っていた。あまりの展開に母、みかん、ユズヒコは放心状態になるが、父の声で正気を取り戻す。しかしそのとき、マンション全体が傾いてくる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム・ビデオ 他
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。