日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

SL日和 大井川鐵道物語/山口線物語
エスエルビヨリオオイガワテツドウヤマグチセンモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2010年07月10日 
製作会社
マルティ・アンド・カンパニー 
配給会社
アネック 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

1度は姿を消したものの、全国各地で復活を遂げている蒸気機関車(SL)の姿をとらえたドキュメンタリー。大井川鐡道、山口線を取材し、SL復活にかけた鉄道マンの半生や、沿線に住む人々のSLへの想いを描きながら、迫力ある映像で臨場感たっぷりに映像化していく。監督は、DVD『近鉄レール通信』の岩男浩司。

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー
進福太郎
プロデューサー
成澤章唯生
企画
山本亜紀子
撮影
谷垣修二多賀和雄
監督
岩男浩司
脚本
松下隆一

出演者

ストーリー

「大井川鐡道物語」静岡県の金谷駅から千頭駅まで、大井川に沿って走る大井川鐡道。C11やC56などのSLが、昔ながらの客車を牽引している。大井川鐡道では、1976年7月9日にSL・C11-227の運転を復活させた。その復活にかけた鉄道マンの、SLに対する熱い想いに満ちた半生や、その意志を引き継ぎ、SLを守っている若い鉄道マンの姿も描いていく。1度はリストラされたSLたちが茶畑の中を走り、鉄橋を渡る姿は、鉄道マンの熱い想いと相まって一層美しく見える。動輪横から撮影した迫力ある映像もみどころ。「山口線物語」SLやまぐち号・C57-1は、山口県の新山口駅から島根県の津和野駅まで、日本の原風景を駆け抜け、“貴婦人”と称される優美な姿で、全国のファンを魅了している。本作では、通称“ポニー”ことC56-160がC57-1をエスコートする貴重な重連運転の映像も楽しめる。また、地元湯田温泉出身の夭折の詩人・中原中也の人生と詩を、山口線沿線の風景と共に描いていく。一方、SLを愛する沿線に住む人々の想いも描いていく。プロの写真家を目指す若者がSLを愛する気持ちを込めて撮影した写真を通して、SLの美しさを描き出す。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました